杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トラークルとBRUTUS

ところで、僕の『トラークル』の書評が、かつて「BRUTUS」に載っていたらしい。ミスマッチ感がすごいが、どんなものだったのだろうか。いまだに見ていない。

「最後の吉原芸者」

先日、「最後の吉原芸者」という映画を見に行った。
タイトル通り、最後の吉原芸者となったみな子姐さんを追いかけたドキュメンタリーである。

ところで、この映画の監督である安原眞琴さんは、吉本ばなな氏の編集者として有名な故安原顯氏の娘さんと知り、驚いた。

安原顯さんと言えば、生前に僕の処女作である『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』を書評で誉めてくださった覚えがある。

この世界は狭いところで神秘的に繋がっているんだなあと感じた。

『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』

僕の処女作である『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』(鳥影社)は、今のところ品切れになっている。

僕はいくらか持っているので、試みにアマゾンマーケットプレースに二冊出してみたら、一日で完売してしまった。

なるほど、この本は発行部数も少なかったし、けっこう需要があったのか。
マーケットプレースにも滅多に出ないので、図書館で借りて読んでしまった方もいるだろう。残念。

こんなことなら、もっと早く出品するべきだった。
僕としても、この本が広く行き渡り、多くの人に読まれるのは嬉しいことだ。

これは、僕を大学の外へ連れ出し、物書きの道へと投げ出した本なのだ。

ゲオルク・トラークル

ゲオルク・トラークル(1887-1914)を再読している。
闇夜に煌めくオパールやルビーのような陰惨な輝きと戦慄に、あらめて驚嘆する。

トラークルはオーストリアのザルツブルク生まれ。当時勃興したアヴァンギャルド芸術運動である、ドイツ表現主義の最高の詩人とされる。
彼はあらゆるドラッグを試して詩を書いたジャンキー詩人であり、妹との禁じられた愛も噂されている。
トラークルは第一次世界大戦に従軍したが、戦場のあまりに苛烈な現実に耐え切れず錯乱、精神病院に収容される。そこで大量のコカインを使い、オーバードーズで27歳の生涯を閉じた。

僕の処女作『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』(鳥影社)のテーマとなった詩人である。
以下の詩は、彼の代表作の拙訳。


滅び

夕暮れ、鐘が平和を鳴り響かせると、
僕は鳥たちの美しい飛翔を追う、
長い群れをなし、敬虔な巡礼の列のように、
秋の明るい空に消えていく。

暮れゆく庭をさまよいながら
僕は鳥たちの明るい定めを夢み、
もう 時の動きさえ感じない。
それで僕は雲を超え 彼らの行く先を追う。

すると、滅びの息吹が僕を震わせる。
くろうたどりが葉を枯らした枝で鳴き叫ぶ。
赤いブドウが錆びた鉄格子に揺れている。

そして 青ざめた子供たちの死の輪舞のように
朽ちていく暗い泉のふちで、
風の中に凍えながら 青いアスターが頭を垂れている。

トラークルに何が?

最近、「ゲオルク・トラークル」で検索をかけて、このブログまで流れつく方が増えています。

トラークルの身に何が起こったのでしょうか?
どこかで忽然と、この詩人の話題が沸騰中だとか……?
ご存知の方、教えてください。

『伯林蝋人形館』(皆川博子著)が届く

416325210x01_scmzzzzzzz_v58775878__1

先日、一冊の本が僕のもとに届いた。文藝春秋からだった。
本のタイトルは『伯林蝋人形館』(ベルリンろうにんぎょうかん)。第95回直木賞作家の皆川博子さんの新刊小説である。

この小説が送られてきたのは、この本の中で、僕の処女作『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』が取り上げられているからだ。
巻末の「参考資料」にはこうある。

杉岡幸徳先生の『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』(中略)の大いなる助けを受けたことを、深い感謝とともに付記します。ヨハン・アイスラーの詩は、杉岡先生の訳になるトラークルの詩を使用させていただきました。マティアス・マイとヨハンの造形は、杉岡先生が描かれたトラークル像に発想のもとを得ています。

「杉岡先生」というのがちょっと恥ずかしいが、つまりはそういうことである。
アマゾンの紹介文よりー

陸軍幼年学校から軍人の道を歩むはずが、ジゴロとなったアルトゥール。帝政ロシアからドイツに亡命し、シナリオライターを夢見るナターリャ。ミュンヘン市民のプロレタリアートでルンペン暮らしから這い上がり、ナチ党員となるフーゴー。裕福なドイツ系ユダヤ人の家に生まれ、義勇軍に参加した後、大富豪となるハインリヒ。薬を常用する蝋人形師マティアス・マイ。カバレット“蝋人形館”の看板歌手ツェツィリエ。彼らの人生は、様々な場所、時代で交錯し、激動の歴史に飲み込まれていく―。『死の泉』から九年、壮大な歴史ミステリー長篇。

僕が『トラークル』の中で描いたのは、絶望的なまでに美しく穢れた、ジャンキーとしての詩人像だが、皆川先生は、それを光のように二つに分け、新しい人物を創造している。まるでドッペルゲンガーのように。
ところどころ、僕の訳したトラークルの詩「嘆き」「グロデク」「滅び」「夢と錯乱」などが散りばめられているのが嬉しかった。
ぜひ一度、ご一読ください。

最近、
「小説を書いてみないか」
と言われることがありますが、それも今考えています。

安原顕氏の『トラークル』書評を発見!

trakl

僕が2000年に出した、『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』(鳥影社)。

これは元は、僕が東京外語大ドイツ語学科の修士論文として執筆したものだが、なぜかこれを読んだ教授たちの凄まじい怒りを受け、それによって大学を追放された、記念碑的な作品である。
(ちなみに、ニーチェは『悲劇の誕生』により、ベンヤミンは『ドイツ悲劇の根源』により、同じようにアカデミズムの怒りを受け、アカデミズムから追放されている)

僕はこの修士論文を何とかして出版した。これこそ僕の処女作であり、僕の物書きとしての原点である。

決して、大々的に売れた本ではない。
しかし、選ばれた読み手たちからは絶賛された。いくつかの書評も出たし、熱烈なファンレターをもらったりした。

最近では、直木賞受賞作家である皆川博子先生が、「別冊文藝春秋」の2006年1月号の連載小説「伯林蝋人形館」の第四回目で、僕が『トラークル』で翻訳した、トラークルの詩を引用してくださっている(トラークルの翻訳は、ほかに何種類もある)。
出版されて六年たったが、この本の余波は今も続いているのだ。
僕自身、あの時、
「かりに今僕が死んでしまっても、この『トラークル』だけで、僕は歴史のどこかに名前を残すだろう……」
と考えながら書いた本だ。

ところが今日、まったく偶然に、故・安原顕氏が、この『トラークル』のためにウェブに書いてくださった書評を発見したのだ。
どうして今まで気づかなかったのだろう。

安原顕さんは、辣腕の編集者で、高名な評論家でもあり、毒舌とその裏側に潜む優しさから、「天才ヤスケン」「スーパーエディター」と呼ばれて愛された人だ。
しかし、彼は2003年1月20日、肺がんで死去した。63才だった(安原顕氏についてはこちらが詳しい)。

そのような方が『トラークル』を読んでくださっていたのは驚きだし、彼の書評を読めば、『トラークル』で僕が披露した、ドラッグで文学や文化現象を読み解くという特異な手法に感動し、刺激を受けていたことがわかる。

今こそ言えるが、『トラークル』が本当に評価されるのは、これからだろう。一度書いた本は、死にはしないーそれがまともな本ならば。
以下に、安原さんが『トラークル』のために書いてくださった書評を示す。
星がついていないのが残念だが、ウェブで安原さんの書評を見ると、すべてに星がついていないので、これが彼のスタイルだったのだろう。

--------------------------------------------

詩解釈も「麻薬」との関連で読み解いていく論考が刺激的

安原顕
2000/07/09 17:17:00

 オーストリア生まれの詩人、ゲオルク・トラークル(1887~1914)は薬物中毒の詩人として知られ、また妹グレーテとの近親相姦も噂された。仏語を話す乳母に育てられたため、兄妹間は仏語で話すほど出来たとの話もある。ウィーン大学で薬学を学び、第一次大戦が勃発するや衛生士官補として従軍するが、その惨状に我慢できずピストル自殺を計り、陸軍病院精神科に収容されるが、結局はコカインを多量に飲んで自殺する。生前の作品集はわずかに『詩集』(13年)一冊だが、没後、第二詩集『夢の中のセバスティアン』(15) が刊行され、「表現主義の詩人」との評判を得る。本書は1969年生まれの筆者が、東京外語大独文科の修士論文に加筆したものだが、とても読みやすく、トラークルの「ジャンキーぶり」に焦点を絞った一種の「麻薬と文学論」にもなっている。本書によれば、芸術的感性は母親から受け継いだが、彼女もアヘン常用者だったらしい。彼は1901年、ピアノを習い始めるが、好みの作曲家はショパン、リスト、ロシア楽派、ワーグナーだった。詩は1904年から書き始め、ボードレール、ヴェルレーヌ、ゲオルゲ、ホフマンスタール、後にヘルダーリンなどを愛読した。17歳の頃よりクロロフォルムなどを試し、翌年、すでにぼろぼろになったと手紙に書きもする。戯曲にも手を染めるが酷評されて破棄。そのショックでモルヒネ、ヴェロナールなどにも手を出す。12年、妹が結婚。同年、批評家カール・クラウス、画家ココシュカらと知り合う。13年、実家が倒産。14年、グレーテが流産する。流れたのは兄の子だったと筆者は書いている。この頃、ヴィトゲンシュタインがリルケとトラークルに二万クローネ援助する。14年、トラークルは自殺、3年後の1917年、妹のグレーテも自宅でピストル自殺する。筆者はトラークルの詩解釈も「麻薬」との関連で読み解いていくのだが、ぼくにはこの論考、とても刺激的だった。最後に、筆者訳の「トラークル詩抄」も載っているが、青土社版『全集』、筑摩叢書版『詩集』等々、数多くの翻訳が出ているが「参考文献」では無視し、瀧田夏樹『トラークル詩集』(小沢書店)しか挙げていないあたりにも、既訳への不満が出ていて面白い。