杉岡幸徳の著作

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 九龍城――汚濁と混沌の美学 | トップページ | 「FAKE」 »

『世界最悪の鉄道旅行』

下川裕治『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ』、一気読みしてしまった。

ロシアって、いまだに自由に旅行ができないのか。
あんなに面白い国なのに、惜しすぎる。

笑ったのが、ウルムチ(中国)ではタクシーに乗るのが命がけだと言うこと。
中国人は行列を作るという習性がないので、タクシー乗り場でいくら待っていてもタクシーに乗れない。
タクシー乗り場まで走ってくるタクシーのドアを走りながら開けて、飛び乗らないと乗れないらしい。
下川氏は、五日ほどウルムチにいて、結局一度もタクシーを捕まえられず、仕方なしにバスで移動したという。

« 九龍城――汚濁と混沌の美学 | トップページ | 「FAKE」 »

書籍・雑誌・新聞」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世界最悪の鉄道旅行』:

« 九龍城――汚濁と混沌の美学 | トップページ | 「FAKE」 »