杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

『フォークナー短編集』

『フォークナー短編集』、いちおう読了。

なんだか、ごたごたしてよくわからない。
しかし、何かすごいことが書いてある……気がするので、もう一度読み返すことにする。

司会の構成も、なんとなく頭の中で組み上がってきた。

レッテル貼り

「レッテルを貼るな」と言ってくるのも、十分にレッテルである。

責任者

「責任者」とは、「責任を取らない者」の略である。

「真理」の堕落・腐敗

福島の人を差別してはいけない(「風評被害」はよくない)→だから原発は安全だし汚染もたいしたことない。
本気でこんな思考回路の人がいるのが驚く。

「差別は良くない」というのは、誰も反対できない絶対的な「真理」である。
だから、「真理」(神理)ゆえに現実をねじ曲げてしまうのだ。

宗教的なドグマに酔いすぎて、現実を否定してしまう狂信者に似ている。


この世で「絶対的な真理」ほどうさんくさい者はない。
なぜなら、その真理のために、何もやってもいいし、嘘を言ってもいいと思い始める者が現れるからだ。
すべてのカルト宗教の根底にはこれがある。

誤解

政治家が「誤解だ」と言うとき、それはたいていは「正解」である。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »