杉岡幸徳の著作

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

アフターフォロー

最近時々「アフターフォロー」なる妙な言葉を聞くが、これは間違っているだろう。

followとは「追いかける」だから、after(後から)に決まっている。
前から追いかける奇特な人間はいない。
これは「頭痛が痛い」並みの珍妙な言葉だ。

もともと「アフターケア」がいつの間にかこんな変な言葉に化けたのだろうと思うが。

年齢

自分の年齢は、自分が決める。

権力者の責任

「権力者が責任を取らない」と嘆いてはならない。

彼らは、責任を取らないからこそ、権力者になれたのである。

本当に責任を取った者は、とっくに表舞台から姿を消している。

死を恐れる人間には、死は必ず早期にまとわりつく。

死を恐れない人間には、死もうんざりして近づこうとはしない。脅しがいがないからだ。

悪人

悪人になるには、才能がいる。

それが全くない人々は、仕方ないから善人として生きていくしかない。

正論

「正論」という言葉を多用する人間の胡散臭さはすさまじい。

天地開闢以来、「正論」が正しかったことなど一度もない。

女子力

女子力が高いのと女らしいというのは、どう違うんだろう。

野良犬

昔は、
「犬が人間を咬んでもニュースにならないが、人間が犬を咬むとニュースになる」
と言われていたらしいが、最近は本当に「犬が人間を咬んでも」ニュースになる世の中になった。

日本の街から野良犬が姿を消したからだろう。
彼らがどこに行ったのか――
それは僕は知らない。

しかし、野良犬の姿が見えない街は寂しい。
野良犬の陰鬱でどこか滑稽な影は、この世界の姿そのものだったからだ。


野良犬よ、荒野に戻ってこい!

言葉

言葉が、現実を食い荒らす。
それこそが芸術である。

言葉は現実の僕(しもべ)であってはならない。

謎なゼッポリ

Kimg0049


某イタリア風バルで食べた、「ゼッポリ」という、ナポリのジャンクフード。どこかセクシュアルな形をしているが……。
海苔をピザの生地に混ぜて揚げたものらしい。
日本で言えば「文化フライ」みたいなものだろうか。


それにしても、西洋人が最も嫌がる日本の食べ物は、刺身でも納豆でもなく、海苔だと思っていたので、ナポリにこんなものがあったとは知らなかった。
西洋人から見ると、「黒い食べ物」というのは「黒カビ」を連想して、存在自体が信じられないらしい。
もっとも、ゼッポリに練り込まれていたのは、黒海苔ではなく青海苔だった。
イタリアでも南部と北部では違うのだろうか?

ナポリには一度行ったことがあるが、かなり柄のよろしい土地柄で、駅前で変なオッサンに絡まれて困った思い出しかない。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »