杉岡幸徳の著作

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 『怪』の連載「置き去りの日本」~第11回「駅弁の立ち売り」 | トップページ | 6/1 東京読書会35 フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』 »

その海老の天麩羅は、一つの謀略であった。

時々某コンビニで幕の内弁当を買うんだけど、
消費税が8%に上がったにもかかわらず、値段は据え置きだった。

「おお、良心的な会社だなあ」
と感心していたのだが、弁当の蓋を開くと、何やら雰囲気が違う。

よく見ると、海老天が「鳥天」になっていたのだ。
鳥天は棒状で、一見すると海老天とまったく区別がつかなかった。
しかし確かによく観察すると、海老についているはずの尻尾がない。

これは詐欺じゃないか……と怒り狂って蓋のラベルを見ると、小さく、
「鳥天つき」
と書いてある。

つまり、完全犯罪なのである。

« 『怪』の連載「置き去りの日本」~第11回「駅弁の立ち売り」 | トップページ | 6/1 東京読書会35 フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その海老の天麩羅は、一つの謀略であった。:

« 『怪』の連載「置き去りの日本」~第11回「駅弁の立ち売り」 | トップページ | 6/1 東京読書会35 フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』 »