杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「麻生さんから内密な依頼がありまして……」 | トップページ | 宗教としての科学 »

4/6 東京読書会33 トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』

1_201403061337249bd.jpg


第33回目の読書会を開催します。
終了後、食事会もあわせて開催します。

【日時・場所】 4月6日(日)
・15時~17時 読書会
 ルノアール四谷店 会議室6
 
・17時~ 食事会
 福の花

【費用】
・読書会……1000円(飲み物代と部屋代込み)
・食事会……3000円程
     
【定員】 20名
 
【テーマ】
トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』

---------------------------------------------------------------------
文学を、そして音楽を愛し、美への限りない憧れを抱くトニオ。

そのあまりにも細やかな感性は、一少女との恋愛にも堪えられぬものだった。

永い放浪の末、文名はあがるが、芸術と生活の葛藤はいっそう強く彼をとらえる。

この小説はトーマス・マンの若き日の自画像であり、青春の喜び悩み悲しみを、美しく奏でた青年の歌である。
---------------------------------------------------------------------

この作品について、お茶を飲みながら自由にトークします。
真面目な話をしなくてかまいません。脱線も歓迎。
脱線をしながら、色んな芸術分野に話の翼を広げていくのが理想です。
今までの会の様子はこちらをご覧ください。

なお、ブログ、Facebook、mixiで同時に募集します。

参加ご希望の方は、こちらまでメールをお願いします。
食事会に参加ご希望の方は、その旨もお書きください。
みなさま、お気軽にお越しください。

« 「麻生さんから内密な依頼がありまして……」 | トップページ | 宗教としての科学 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/59246443

この記事へのトラックバック一覧です: 4/6 東京読書会33 トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』:

« 「麻生さんから内密な依頼がありまして……」 | トップページ | 宗教としての科学 »