杉岡幸徳の著作

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 魅力 | トップページ | 革命家としてのブランド詐欺師 »

届かない夢

僕がよく見る夢のパターンはいくつかあるが、そのうちの一つ。

・僕は一生懸命喋ろうとしている。
しかし、全身の力を振り絞っても、声が出ない。
目の前の人は、そんな僕の姿を不思議そうに見ている。それが悲しいので、さらに声を振り絞ろうとするが、出てくるのは微かな喘ぎ声だけ。
結局、僕の声は届かない。


これと似たパターンで、最近現れるようになったもの。

・僕は紙に文字を書こうとしている。
しかし、ペンのインクが切れているのか、何度書いても文字は残らない。残るのはペン先が引っ掻いた傷跡だけ。
さらに懸命に書こうとするが、インクは一向に出てこない。


これらは何を意味するのだろうか? 時々考えている。

« 魅力 | トップページ | 革命家としてのブランド詐欺師 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/58415879

この記事へのトラックバック一覧です: 届かない夢:

« 魅力 | トップページ | 革命家としてのブランド詐欺師 »