杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« スマホの謀略 | トップページ | 情報化社会 »

愛と死

太宰治は女と川で心中して死んだと言われているが、実はそんなに単純なものではなかったようだ。

太宰の遺体を検めてみると、彼はほとんど水を飲んでいなかったことが分かった。
つまり、彼は水に入った時点で、意識を失っていたのである。
これは、睡眠薬か酒で酔わされていた可能性を示唆する。

つまり、太宰は無理心中の道連れにされたのであり、女に殺されたということになる。


僕は思う。
太宰って、なんて幸せ者だったのだろう、と。

およそこの世で、愛に包まれながら死んでいくことほど、栄光に満ちた死に方はない。

« スマホの謀略 | トップページ | 情報化社会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/57612349

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と死:

« スマホの謀略 | トップページ | 情報化社会 »