杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

永遠の女

女性の言う「永遠」とは、だいたいは「半年くらい」である。

それでも、十分に長すぎるくらいだろう。

違法の精神

「それは法律で禁じられているから……」
などと、何かを始める前から諦めてしまう人間がある。

しかし、そんなことを言っていると、何も新しいことはできなくなる。
たとえ違法行為でも、それが必ず捕まるとは限らないのだ。

捕まらなければなにをやってもいい、という精神は必要だろう。
多くの先駆者は、みなその精神で偉業を成し遂げてきた。
グーグルやヤフーがまさにそれである。

そして成功したら、違法行為を犯してもまったく構わない。
政治家に裏から手をまわして法律を作らせ、それを合法にしてしまえばいいからだ。
成功する人間は、そこまで先を読んでいる。

偏見

偏見は、決して直してはいけない。糺してもいけない。

偏見は、その人の個性そのものである。

被害者と加害者

この世で、被害者ほど強く、加害者ほど弱い存在はない。

情報化社会

情報化社会とは、どうでもいい情報だけが飛び交い、本当に必要な情報は何一つ手に入らない社会のことをいう。

つまり、今のことだ。

愛と死

太宰治は女と川で心中して死んだと言われているが、実はそんなに単純なものではなかったようだ。

太宰の遺体を検めてみると、彼はほとんど水を飲んでいなかったことが分かった。
つまり、彼は水に入った時点で、意識を失っていたのである。
これは、睡眠薬か酒で酔わされていた可能性を示唆する。

つまり、太宰は無理心中の道連れにされたのであり、女に殺されたということになる。


僕は思う。
太宰って、なんて幸せ者だったのだろう、と。

およそこの世で、愛に包まれながら死んでいくことほど、栄光に満ちた死に方はない。

スマホの謀略

ようやくスマホを買ったのだが、こんなにややこしいとは思わなかった。
「まずグーグルアカウントを入力しろ」と命令されたのだが、入力の仕方がわからない。ドットがどこにあるのかわからない。これは早々に諦めることにした。
メールを送ろうとしたが、アドレス帳の出し方がわからない。これもあっさりあきらめることにした。
お店でセッティングしてもらえばよかったのだが、通販で買ってしまったので、すべて自分でやらねばならない。素直にお店に頼ればよかった。
しかしグーグルアカウントでログインし、GPS機能をオンにしたら、自分が今どこにいるのか、すべてグーグルという私企業に把握されるということか。しかもメールや誰に電話をかけたかという記録さえも。
しかもグーグルは個人情報をアメリカ政府に明け渡していたというのだから、まったく恐ろしい世の中だ。
早くもガラケーに戻りたくなってきた……。

俺はトド 手も足も出ない

トドって、この世界の矛盾や不条理を象徴している気がする。

日本では絶滅危惧種に指定され保護される半面、漁場を荒らすということで年161頭の駆除が認められている。

死刑囚が死なないように病院で延命治療されるようなもので、どこか平衡感覚が狂った物を感じる。
背後に環境省と農林水産省の暗闘もあるのだが。


マナー

マナーに厳しい人間ほど、他者に思いやりがない。

彼らは自分の考える「マナー」を押し通すためなら、他人を攻撃したり強制してもかまわないと思っている。
マナーに厳しい人ほど、道徳心の欠如した者はいない。

変貌

他人を変えることなど、簡単なことだ。

本当に難しいのは、自分を変えることだ。

7/7 東京読書会24 サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』

1_20130607141843.jpg


第24回目の読書会を開催します。
終了後、食事会もあわせて開催します。
(読書会のみの参加もOKです)

【日時・場所】 7月7日(日)
・15時~17時 読書会
 カルフール(恵比寿) ミーティングルーム
 
・17時30分~ 食事会
 なごみ 奥座
 
【費用】
・読書会……各自のお茶代+部屋代(200円程)
・食事会……3000円程
     
【定員】 20名
 
【テーマ】
サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』

---------------------------------------------------------------------
インチキ野郎は大嫌い! 

おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりでさまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 

病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ永遠のベストセラー。
---------------------------------------------------------------------

この作品について、お茶を飲みながら自由にトークします。
真面目な話をしなくてかまいません。脱線も歓迎。
脱線をしながら、色んな芸術分野に話の翼を広げていくのが理想です。
今までの会の様子はこちらをご覧ください。

なお、mixi、Facebook、ブログで同時に募集します。

参加ご希望の方は、こちらまでメールをお願いします。
食事会に参加ご希望の方は、その旨もお書きください。
みなさん、お気軽にお越しください。

妄想

妄想から逃れる唯一の方法、それは妄想を現実に移すことである。

第23回 東京読書会レポート

第23回目の東京読書会のレポートをアップしました。

テーマはサン=テグジュペリの『星の王子さま』でした。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »