杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 第22回 東京読書会レポート | トップページ | 破壊 »

コピー不可

久しぶりに国会図書館に行ってきた。
相変わらず迷宮のような、複雑怪奇なところだ。本で築かれたバベルの塔。
それなりにシステムが合理化され、スムースに行くようになったものの、依然としてたかが本を借りてコピーするだけでどれほど時間がかかるのか。

ショックだったのが、目当てだった本のコピーを拒否されたこと。一冊の本の中の、わずか10ページほどの論文だ。

「この本は共著だから、著作権法上、この論文のコピーは半分の5ページしかできません」

20歳代の男の係員が、死んだ鰯のような眼をして、木乃伊が語りかけるような口調で呟いた。

はっきり言ってこの本を目当てに行ったようなものだから、落胆もひとしおだ。
結局、わずか10ページのために3000円もする本を買わねばならない(近くの図書館には置いていない、特殊な本である)。

さすがは国会図書館。
犬も喰わないようなお役所的対応が輝いている。

« 第22回 東京読書会レポート | トップページ | 破壊 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/57431369

この記事へのトラックバック一覧です: コピー不可:

« 第22回 東京読書会レポート | トップページ | 破壊 »