杉岡幸徳の著作

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「上司へのビールの注ぎ方」を真剣に考える人々 | トップページ | 電気ハーモニカ »

アナクロ

しかし10ホールズのハーモニカはすごい。

キーごとに本数を買い揃えねばならない。
半音が鳴らない。だからベンディングという特殊でアナログな技術を身に着ける必要がある。それでも鳴らない半音もある。
全音でも鳴らない音がある。これに関しては(おそらく)諦めるしかない。

普通に考えて、楽器としては欠陥品だとしか思えないが、なんで世界中でプロのミュージシャンまでがこれを吹いているのかわからない。
現在のちょっとしたキーボードなら、半音全音はもちろん、音色も百種類くらい変えれるし、リズムボックスもついている。数十のパターンのリズムを鳴らせる。

それに比べて、ハーモニカはなんというアナクロで面倒な楽器だろうか。

« 「上司へのビールの注ぎ方」を真剣に考える人々 | トップページ | 電気ハーモニカ »

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/57180259

この記事へのトラックバック一覧です: アナクロ:

« 「上司へのビールの注ぎ方」を真剣に考える人々 | トップページ | 電気ハーモニカ »