杉岡幸徳の著作

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 君はインドの神秘を見たか? | トップページ | Politician is Punk »

インドのジャンヌ・ダルク

五輪の入場行進に、何食わぬ顔で乱入したこの女性こそ、インドのジャンヌ・ダルクであり、女神であるとしか言いようがない。
これほど神々しく、美しく、パンクで過激な女性もそういない。

インド選手団のMuralidharan Raja代表代理は「彼女は世界の面前でわれわれに恥をかかせた。インド選手団は(テレビに)10秒しか映らなかったのに、彼女はスポットライトを独り占めにしたとは」と述べ、セキュリティー違反とはいえないものの異常な事態だったとして、謝罪を要求すると述べた。

インドの選手が騒げば騒ぐほど、彼女の偉大さ、光輝、スター性は増すばかりだ。

「俺たちはちょっとしか映っていないのに、彼女はスポットライトを独占した。許せん!」
など憤慨している暇があるなら、自分たちがいかに目立てるかを考えたほうがいい。
笛を吹いて蛇に曲芸をさせるとか、サーベルを呑みこむとか、座禅して宙に浮くとか、いくらでもインドの伝統芸能があるはずだ。

五輪は、目立てば勝ち。スポーツや競技などどうでもいい。
この五輪精神の本質に立ち帰らねばならない。


« 君はインドの神秘を見たか? | トップページ | Politician is Punk »

「ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/55320393

この記事へのトラックバック一覧です: インドのジャンヌ・ダルク:

« 君はインドの神秘を見たか? | トップページ | Politician is Punk »