杉岡幸徳の著作

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 見世物小屋の占師登場 | トップページ | ある煩悩 »

レバ刺し狂想曲

レバ刺しが禁止になっても、ひっそりと地下で出し続ける店はあるだろうな。
だいたい、「レバ刺し」ではなく「焼き肉用の生レバー」として出せば問題ない……かもしれない。

客がそれをレバ刺しだと思って食べたとしても、
「それは客の勝手だ。私は焼き肉用として出しましたよ?」
と店側は言い訳できる。
現に、僕の知っている人で、焼き肉用の生レバーを我慢できずに食べてしまって、病院に担ぎ込まれた者がいる。

実をいうと、僕はレバ刺しを今まで一度も食べたことがない。
もともと苦いレバーが嫌いだし、あんなもんをなんで命がけで食べるのか、さっぱりわからない。
あの赤銅色の誘惑の秘密は、永遠に理解できそうにない。

« 見世物小屋の占師登場 | トップページ | ある煩悩 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/55079300

この記事へのトラックバック一覧です: レバ刺し狂想曲:

« 見世物小屋の占師登場 | トップページ | ある煩悩 »