杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

毒婦

木嶋佳苗の裁判を追ったルポ『毒婦』を読む。

正直言って、まったくの失望の作品だった。これほど読んだ後に空虚感と不快感、嫌悪感が残る本も珍しい。

著者は、古典的な、いまどき珍しいフェミニストだ。何でも「男」と「女」の対立軸で捕え、男は強い加害者であり、女は弱い被害者であるという図式に凝り固まっている。
そして言うまでもなく、こういう発想こそが、最も女性を差別しているのである。

著者の木嶋被告に対する共感は隠すべくもなく、その一方で、被害者の男性を嘲笑う。それは、あまりにもあからさまだ。
本質的に、男に対して敵意や反感を抱いている人なのだろう。だから、男たちを殺戮しまくった木嶋被告が、まるで天使か救世主のように見えるのだろう。
著者は、検察官までも、それが男性と言うだけで嘲弄する。
要するに、「凡庸な、あまりにも凡庸なフェミニズム本」だった。

木嶋佳苗の事件は、興味をそそられる、驚くべき事件だ。
それだけに、こんなカビの生えた思考を持つ著者ではなく、まともな人に書いてもらいたかった。この著者以外だったら、誰でもいい。はるかにましなものが出来上がるだろう。


多くのフェミニストは、自分が「女」であることをしきりに強調する。
しかし、それは自分が「女」であることに自信がないからだ。
本当に自分の女性性に自信のある女は、わざわざ自分が女であることを強調したりしない。そんなことをしなくても、周りの男たちが自主的に「女であること」を認めてくれるからだ。

逆に、自分が男であることを強調する男も、自分の男らしさに自信を持っていない。
男らしい男ほど、女々しい存在はないのである。

ノマド・ワーカー

「ノマド・ワーカー」って、「フーテンの寅さん」とどこが違うんだろう?

投票は国民の「趣味」である

区長の選挙に行ってきた。
相変わらず、投票所は老人ばかり。なんだか、投票するのが馬鹿らしくなってくる。
実は、選挙に投票するということは、著しく人間性に反した、不自然な行動なのではないだろうか?

投票は、国民の権利でも義務でもない。
ただの「趣味」である。
それは、高尚な衣装を着たギャンブルにすぎない。
パチンコや花札となんら変わるところはない。

政治

政治とは、ただファッションにすぎない。
しかも、最悪のファッションだ。

黄金バット

いま、密かに紙芝居の研究をしている。

噂には聞いていた「黄金バット」の実物を初めて見たのだが、これが「正義の味方」だとはとても思えない。どう見ても、「悪の権化」じゃないか。

この50年ほどで、日本人の感性は劇的に変わったのだろうか?

こんな不気味な「正義の味方」に助けてもらう位なら、僕はむしろ悪の組織に掠われるほうを選ぶ……。


1a1a1a1a1ao1ab1ag


魅惑のスパム

一か月前から、同じ業者からしつこくスパムが、一日何通も送られてきていたのだが(ネットのスロットで10億儲けよう! の類)、ここ数日、まったく来なくなった。
なぜだろう? ひょっとして、当局の手が入ったのだろうか?
だいたい、こっちに無許可で営業メールを送りつけること自体が、違法行為だし。

この業者、「100%勝てる投資方法があります!」とか、一発で嘘とわかるメールばかり送ってくるので、毎日楽しみにしてたのに。
そんなにうまい儲け話は、人に教えちゃだめだよ!

5/13(日) 東京読書会10 夏目漱石『それから』

1324564683_20120418195350.jpg


第9回目の読書会と食事会を開催します。
(読書会のみの参加もOKです)

【日時・場所】 5月13日(日)
・16時~18時 読書会
 カフェ・ミヤマ高田馬場駅前店  会議室2
 
・18時30分~ 食事会
 (場所は未定。決まりしだい発表します)
 
【費用】
・読書会……各自のお茶代+部屋代(400円程)
・食事会……3000円程
 
【定員】 10名
 
【テーマ】
夏目漱石『それから』

---------------------------------------------------------------------
~恋人はいま親友の妻。あなたならどうする? ラストシーンは、衝撃/納得? なお新鮮な問いを投げる、漱石渾身の恋愛小説~

長井代助は三十にもなって定職も持たず、父からの援助で毎日をぶらぶらと暮している。
実生活に根を持たない思索家の代助は、かつて愛しながらも義侠心から友人平岡に譲った平岡の妻三千代との再会により、妙な運命に巻き込まれていく……。

破局を予想しながらもそれにむかわなければいられない愛を通して明治知識人の悲劇を描く、『三四郎』に続く三部作の第二作。
---------------------------------------------------------------------

この作品について、お茶を飲みながら自由にトークします。
真面目な話をしなくてかまいません。脱線も歓迎。
脱線をしながら、色んな芸術分野に話の翼を広げていくのが理想です。
今までの会の様子はこちらをご覧ください。

なお、mixi、Facebook、ブログで同時に募集します。

参加ご希望の方は、こちらまでメールをお願いします。
食事会に参加ご希望の方は、その旨もお書きください。
みなさん、お気軽にお越しください。


走馬灯

「走馬灯のように思い出が駆け巡る」とよく言われるが、実際に走馬灯を見たことのある人って、どれくらいいるのだろう?

ちなみに僕は、ない。

犯罪煽動

犯罪を賛美し、煽動することは、まぎれもなく芸術家の神聖かつ重大な使命である。

夏目漱石『それから』

次回の読書会のテーマ・夏目漱石『それから』を軽く読了。
漱石はいろいろ読んで文体にも慣れているせいか、割と軽やかに読み進めた。

不倫小説なのだが、ラディゲの『肉体の悪魔』とは違い、精緻で執拗な心理描写がそれほどない、おっとりとした作品だと思う。
王道というか、久しぶりに「正統的」な小説を読んだ気がする。


そうだ、この作品は映画化されているらしい。
主演は、いま話題の藤谷美和子だ。

「アーティスト/マリアンヌ」

スターリンの解散コンサート「絶賛解散中/FOR NEVER 」を久しぶりにDVDで見る。

石井聰互が監督・演出しているだけあって、その映像はとにかく激しく、哀しく、そして美しい。
まさに、吐き気がするほどロマンチックなのだ。

特に、「アーティスト/マリアンヌ」が素晴らしい。
ドライアイスのスモークがステージを這い、その中に死んだように横たわる遠藤ミチロウ。
劇的な音楽構成、そして歌詞の深遠さ、幽玄さ……。


嵐の晩が好きさ
なぐりかかってくる雨の男たち
嵐の晩が好きさ
怒り狂った闇が
オレの道案内

おれは湖に船を出す
嵐は船をめちゃくちゃにたたく
真暗な 真暗な


水の中から わき出た命
白い両手で俺を抱きしめ
嵐をさそう
水の中から生まれ出た
ずぶぬれの髪と体を
激しくよせて

嵐は叫ぶ 湖は怒る
稲妻が走る
俺は嵐で洗われる
目もくらむ 目もくらむ

何も見えない 嵐の晩に
激しく狂った男たちに囲まれて
俺はマリアンヌを抱いていた

諸国お化け物産会

知人が出展するので、行こうと思っています。よろしかったら……。 

「諸国お化け物産会 弐」

日本全国から、お化けのクラフトや妖怪に関する珍しいモノを集めた展示即売会/第二弾です。
お誘い合わせの上ぜひお出かけ下さい。
入場無料。

主催:全日本妖怪推進委員会
会期:2012年4月14日(土)~22日(日)
時間:10:00~19:00
※最終日4月22(日)は17:00まで

出展者

赤坂商店/アマヤギ堂/今井美保/石清水さやか/生方工房/お化け大学校/お化けと生活舎/加藤正/東雲騎人/白井陶器製作所/俵屋/日本物怪観光/真柴順/まねき屋/もののけ本舗/やまのん/山城・大歩危妖怪村/妖怪舎/遊彩工房/よしながこうたく/渡辺亮

■企画・構成:日本物怪観光・フォルスタッフ

闇のヒロイン

木嶋被告って、「カナエギャル」という女性の追っかけがいるほど、熱狂的な支持を集めているらしい。

とにかく、犯罪者ほど魅力的で輝いて見える存在はない。犯罪者が攻撃されるのは、実は彼らが心の底から愛されているからなのだ。

木嶋佳苗は、東電OLと並ぶ、闇に君臨するヒロインと言ったところだろうか。

第九回 東京読書会レポート

第九回目の東京読書会のレポートをアップしました。

テーマはカミュの『異邦人』でした。

「すみません」

簡単に「すみません」と言う人は、実はそれで事がすむと思っている。

不倫と文化

不倫は文化であり、文化もまた不倫そのものなのだ。

言葉はタダ

「言葉はタダ」

ではない。


言葉ほど高価で貴重、そして残酷なものは存在しない。

移転

長年使っているレンタルサーバーを移転しようと思っている。

このところ、やたらと特定のスパムに狙い撃ちされているのだ。どうやら、ヤフーにホームページが登録されている者が狙われているようだ。
タイトルを見るだけで不快なので(働かずに10億円儲けよう! といったあからさまにインチキな系統)、サーバー側で削除してしまいたいのだが、なぜかその機能がなかった。月に900円程かかるサーバーなのに。

このサーバーは割と安定しているのだが、頭が完全に理系の人が作ったのか、とにかくわかりづらく使いにくく、お洒落じゃない。いまどき、月100円のサーバーでももっと高機能で洒落ている。
よって、近々移転することにする。

姫島の謎

大分県の姫島って、調べれば調べるほど面白く、恐ろしい場所だな。1957年以来、一度も村長の選挙が行われていない島――。ある一族が、島のすべてを完全に支配し尽くしている孤島――。なぜか成人式の時に振袖を着ることが許されず、強引に着て行こうとした一人の女性が、大変な目にあったらしい――。

トマソン

新しいコンポを買いに行ったが、最近のはすべてiPhoneやiPodがつなげるようになっているんだな。ご丁寧に、専用のドックまでついている。
僕は両方とも持ってないし、別に持つ気もないので、まったくの無用の長物だ。

このコンポ、今から五年後にはとてつもなく古臭い旧時代の遺物=トマソンになっていると思う。
そのころには、iPhoneもiPodも消滅しているだろうから。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »