杉岡幸徳の著作

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

忍者コーヒー

555534_303119526424626_100001797422

伊賀の喫茶店で飲んだ「忍者コーヒー」。上にクリームを載せて、コーヒーを隠しているから……らしい。
この無理やりさ、いかがわしさも忍者の魅力か。

「ただのウィンナコーヒーやないか!」
などという突っ込みは禁句である。
ほかにも忍者うどんなるものもあった。
これは具を麺の下に隠したものらしい。宮古島の宮古そばに似ている。

手裏剣型のものは「かたやき」という、とてつもなく固いせんべい。
これも忍者が食べていたと言っていた。

カミュ『異邦人』

次回の読書会のテーマ『異邦人』(カミュ)をさらっと読了。かなり前に読んだことがあるのだが、今読むとやはり印象が全く違う。

不条理がどうのと言われるが、主人公ムルソーは、実はある種の精神疾患だったのではないかと思うのだ。具体的な病名もいくつか挙げられる。
この作品に別の角度から光を当てることができるかもしれない。

大いなる死のネックレス

夜空に、金星と月と木星がネックレスを造っている。
不気味な造形だ。
未開人の祈祷師が見たら、何か不吉なことの前兆と思うだろう。
まるで、巨大な銀の剣が天に舞い上がり、王の喉元に沈み込んでいくかのようだ。

善人と悪人

人間の本質は、善である。

だから、人間は何もしないと、自然と善人になってしまう。
悪人になるには、日々努力を重ねねばならない。

善人は、何一つやらない怠け者である。
悪人は、日々修練に励む努力家である。

大人と子供

やたらと大人になりたがる人間は、子供である。

「ワンベトナムお願いします!」

K3400009

サンマルクにベトナムコーヒーなるメニューができていた。要するにブラックコーヒーにコンデンスミルクを入れたもの。本場ベトナムほど濃密にミルクは入ってなかったし、少し粉っぽかった。注文するとお姉さんが「ワンベトナムお願いします!」と復唱したのがなんかおかしかった。

鈍感と敏感

男は鈍感でないと、生きていけない。
敏感でないと、生きていく資格がない。

PRIDE

男ほど、プライドの高い生き物はない。
そして男ほど、日夜プライドが破壊され続けている生き物もない。

カミュとパンク

いまさら思うが、アルベール・カミュとジョー・ストラマー(ex.The Clash)は、顔が似ている。
精神もパンクで、よく似ている。

The first line

書きあぐねていた、加賀の坂網鴨猟の原稿、ようやく半分書けた。
この原稿は、どういうわけか最初の一行、最初のワンシーンがなかなか降りて来ず、書けなかった。
(僕はいつも、最初の一行の啓示を受けてから書き進める)
しかし、何も考えずに半分突っ走った。

坂網鴨猟は、銃を使わずに、天に網を投げて鴨を生け捕りにする猟。
銃弾を使わないので、肉に血が回らず、臭みが少ないという。
この原始的な狩猟法は、もはや日本で数か所しか残っていない。加賀でも一年に200羽の鴨しかとれない。
……というすごい真面目な話なのだった。
だから時間がかかったのか。

4/8(日) 東京読書会9 カミュ『異邦人』

55268_1563003198_190large.jpg


第9回目の読書会と食事会を開催します。
(読書会のみの参加もOKです)

【日時・場所】 2012年4月8日(日)
・16時~18時 読書会
 備屋珈琲店(恵比寿) 貴賓室 ROOM WEST
 
・18時30分~ 食事会
 (場所は未定。決まりしだい発表します)
 
【費用】
・読書会……各自のお茶代+部屋代(300円程度)
・食事会……3000円程度
 
【定員】 10名
 
【テーマ】
アルベール・カミュ『異邦人』

不条理の作家カミュ(1913- 1960)のもっとも有名な作品です。
---------------------------------------------------------------------
母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。

判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。

通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、理性や人間性の不合理を追求したカミュの代表作。
---------------------------------------------------------------------

この作品について、お茶を飲みながら自由にトークします。
真面目な話をしなくてかまいません。脱線も歓迎。
脱線をしながら、色んな芸術分野に話の翼を広げていくのが理想です。
今までの会の様子はこちらをご覧ください。

なお、mixi、Facebook、ブログで同時に募集します。

参加ご希望の方は、こちらまでメールをお願いします。
食事会に参加ご希望の方は、その旨もお書きください。
みなさん、お気軽にお越しください。


3.11

今日は某所に出かけたのだが、まったく偶然にも、乗った電車が午後2時46分ちょうど発だった。

――その瞬間、路線のすべての電車は停まり、駅員が乗客に黙祷を呼びかけていた。


今夜の星は、兇々しいまでに美しかった。

あたかも被災者たちの血を浴びて、輝きを増したかのように。

動機と行動

動機が汚れれば汚れるほど、行動は純粋になる。
決して逆ではない。

マドンナ

今になって思うが、岩崎宏美の「マドンナたちのララバイ」に描かれているマドンナこそ、僕の理想の女性だと思う。


この街は戦場だから

男はみんな 傷を負った戦士


まったくその通り。

男はみな、少なくともまともな男はみな、傷を負い、血を流している。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »