杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

わかりやすい物を書くことは、罪だ。

作家と狂気

『文豪はみんな、うつ』という精神科医の書いた本を読んでいる。
昔から、いわゆる病跡学には興味がある。
この本に出てくる文豪10人――漱石、芥川、太宰、川端、中原中也など――のうち、七人がうつ病か統合失調症だという。
なお、谷崎潤一郎は強迫性障害だったと診断されている。

統合失調症にはネオロギスム(言語新作)という症状がある。これは、存在しない言葉を勝手に創り出してしまうことだ。
そしてこれは、新しい表現を生み出すべき作家や詩人にとっては、必須の資質なのかもしれない。
ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』などは、まさに統合失調症患者の書いた作品、と言うべきなのだろう。

北杜夫が「芥川が現代に生まれていたら、新しい薬を飲むことによって、自殺せずに済んだだろう」と言っていたのは印象的だった。

進歩

世界の進歩の大半は、無責任でデタラメな人間のおかげである。責任感あふれる誠実な人間は、進歩の足を引っ張ることしかしない。

反体制

反体制派ほど、熱烈な体制支持派は存在しない。

勝負

勝ち負けにこだわる人間は、たいていは勝負に負けている。

沈黙

久しぶりにラッシュアワーの電車に乗った。
それはまるで、押し黙る羊たちを載せた、家畜護送列車のようだった。

この沈黙の代償が、首都を覆うセシウムだったとは。


昔から、家畜のように満員電車に詰め込まれ、黙って会社へと移送されて行く日本のサラリーマンは、異常だと思っていた。なんでこんな動物以下の扱いに怒らないのか。

もっとも、昔は「経済大国を成立させるには、しょうがないのか」とも思っていた。
だが、もはや経済大国ですらなくなりつつあるこの国においては……。

この辛苦は、いったい誰が、どうやって報いるのか。

トラウマ

トラウマを告白した時、聞き手の最悪の反応はこれだ。

「もう昔のこと、どうしようもないでしょ?  気にしないほうがいいよ」

そう、どうしようもない。時計の針は元に戻せない。
だからこそ、苦しんでるんじゃないか。
もし「どうしようもある」のなら、なんとかするはずだ。それができないからこそ、悲劇的なのではないか。

「気にするな」「前を向いて生きろ」
こんな言葉でなんとかなるなら、この世にトラウマなどない。
精神的苦痛や自殺もない。
どうしても気になり、前を向けないからこそ、苦しいんじゃないか。
ちょうど、足を骨折した人に向かって、
「気にするな。前を向いて走ってみろ」
と強要するようなものだ。

ビジネスマン

「ビジネスマン」は「サラリーマン」と呼べ。
「マネー」は「銭」と呼べ。
そうすると、世界の見え方が変わって来る。

不安

不安を煽るな。
それ以上に、安心を煽るな。

11/6(日) 東京読書会4 岡本かの子『鮨』+岡本太郎記念館

04_1.jpg 13002629_1.jpg

 第四回目の読書会を開催します。

・日時
 11/6(日) 15時~18時

・場所 
 15時~ 岡本太郎記念館(入口前に集合) 
 16時~18時 読書会 A to Z cafe(表参道)
  (読書会のみの参加も可。カフェに直接お越しください)

・費用
 岡本太郎記念館 600円
 A to Z cafe お茶代のみ

・定員 10名
 
・テーマ
 岡本かの子『鮨』

 作家・岡本かの子(1889~1939)は、岡本太郎のお母さんです。
 その関連で、岡本太郎記念館(かつての太郎の自宅)で太郎の芸術作品を観覧した後、読書会に移行します。
 なお、A to Z cafeはポップアート作家の奈良美智さんの作品が飾られているお店で、当日の岡本太郎記念館では、現代美術作家のヤノベケンジさんの作品も展示されています。
 というわけで、今回の読書会は、かの子と現代アートに触れる会、ということになるでしょう。

---------------------------------------------------------------------
人生で一番幸福だった食事の記憶は何ですか―?

岡本かの子の「鮨」では、彼女の作品に多く見受けられる自分語りや求道精神、息が詰まるほどの女性賛美は鳴りを潜め、母と子が奇跡的に作り上げたとも言える幸福な情景が描かれています。

下町と山の手の境い目に建つ鮨屋を舞台に、日常の垢をすすぎに来る客と主人夫婦とのやり取りや、大人と子供の中間地点にいる看板娘の淡い感情が描かれる前半部分から一転、物語は仄暗い旧家で漂うように生きる少年を照らし出します。

本当の親がどこかにいるのではないかという、幼い頃に誰もが一度は感じたような思いを日々抱えて暮らす少年の孤独は、ある日、母の心尽くしに解けてゆきます。

ほんのりと灯りを点すような思い出を、胸に秘めた大人のための物語。
ぜひ一緒に語り合ってみませんか?
(あこさんによる推薦文です)
---------------------------------------------------------------------

この小説について、お茶を飲みながら自由にトークします。
真面目な話をしなくてかまいません。脱線も歓迎。
脱線をしながら、色んな芸術分野に話の翼を広げていくのが理想です。

なお、mixi、Facebook、ブログで同時に募集します。

テキストを読んで来られるのが望ましいですが、「会の雰囲気を知りたい」という方のために、読まずに来られるのも歓迎します。
今までの会の様子はこちらをご覧ください。

参加ご希望の方は、こちらまでメールをお願いします。
みなさん、お気軽にご参加ください。

自己啓発

前から言っているが、「自己啓発の本」というのは、原理的におかしいのだ。
自分で書いた本を自分で読んで、勝手に啓発されていれば、それは「自己啓発」だろう。
しかし、たいていは他人の書いた本を読むわけだ。
これは要するに「他者啓発」、つまりは「洗脳」ということじゃないか。

「私は洗脳なんかされていない。自分でその考えを選びとったのだ」
と主張する人もいるだろう。
しかし、洗脳された人間は、たいていそう言うものだ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »