杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 伝統 | トップページ | デマ »

編集者

最近気になるのが、「編集者はいつから作家の文章に手を入れ始めたか」だ。
このところ、夏目漱石や横光利一を読んでいるのだが、彼らの作品に、編集者や校正者が手を加えたとは思えないのだ。
なにしろ、明らかな日本語の間違いや誤字脱字が散見されるのだから。
しかし、それが彼らの芸術であり、独創性なのだ。編集者が介入していたら、もっと正しく、もっと退屈な作品になっていただろう。
そして、この世に夏目漱石も横光利一も存在しなかっただろう。

« 伝統 | トップページ | デマ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/52111609

この記事へのトラックバック一覧です: 編集者:

« 伝統 | トップページ | デマ »