杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

コブラがえり

前に、足が釣ることを「コブラがえり」と言ったら、関東出身の人に爆笑された。

「『こむらがえり』でしょう!」
「ええ? コブラに噛まれるほど痛いから『コブラがえり』と言うんちゃうの?」
「そんなバカな! 恥ずかしいね~」

僕は完全にアホ扱いされたけど、後になって、関東では「こむらがえり」、関西では「コブラがえり」と言うことがわかった。
つまり、僕は完全に正しかったのだ。

ただ、なんで「コブラがえり」と言うのかは、さっぱりわからない。
「コブラに噛まれるほど痛いから」という説もあるが、関西人って、そんなに一年中コブラに噛まれまくってるのだろうか。
いったいどんなところで生活してるんだ。

「富山の薬売り」のルポ

今日発売の「怪」(角川書店)に、僕が「富山の薬売り」のルポを書いています。
連載「置き去りの日本」の第三回目です。
よろしかったら、ご覧ください。

味方ではなく、敵を選べ

管総理、敵とはこういうふうに選ぶんだよ。まるで安っぽい時代劇だが、大衆受けするのは間違いない。
味方を選ぶよりも大切なことは、敵を選ぶことだ。

橋下知事「大阪市長選は関電との戦いになる」 

怪人

100円ショップで包帯を買い、そのままズボンをたくし上げて、レジの前で足にを巻きつけているおばはんを見た。もちろん、並んでいる客を待たせたまま。ここまで来ると「おばはん」というよりは「怪人」だな。これほど周囲が見えなくなると清々しい。

油専門家

ゆる専ナイトに出演。

あとの名刺交換で驚いたのが、この世に「油専門家」というのがいること。
油業報知新聞という新聞があり、そこで記者をされている。それで、ひたすら油を究めまくっているらしい。
こんな新聞があること自体が戦慄的だ。

ユーストリーム番組

吉村智樹さんのユーストリーム番組を見ていたら、僕もやりたくなってきた。

時々テレビには呼ばれるが、毎日出れるわけではない。
また、呼ばれるテーマも、奇祭や奇食など、あまりに偏っている。
僕はあらゆるテーマを語り倒す自信があるし、もっと自分の話術を世界に広めたいのだ。

というわけで、僕もユーストリームで番組をやってみたい。
しかし、一人ではいけない。一人で喋り続ける奴は、ただのアホである。
僕は司会や進行役には向いていないと思うので、司会・アシスタントが一人いるといいと思う。

どこかに、いい人いないでしょうか?

スーパーニュースアンカーに出演

昨日は関西テレビのスーパーニュースアンカーに生出演。

テレビ局に行ったら、僕の楽屋の右となりが「ダイアン」で、左となりが「シャンプーハット」。
さすがは大阪。この街には、漫才師以外は存在しないらしい。
そして斜め前の楽屋が「山本譲二」だった。これはよくわからんが……。

司会は、アホの坂田に似ている山本浩之アナウンサー。
初めは芸人だと思った。大阪弁で喋りまくり、ボケや突っ込みが絶妙だからだ。
まるでお笑い番組なのに、いちおう「ニュース番組」らしい。大阪恐るべし。
この人が真面目にニュースを読む姿が想像できない。

真面目な話をしたのだが、なかなか場が盛り上がり、山本さんいわく「こんなに盛り上がるの珍しいで。杉岡さんのキャラクターがおもろいんやな。またぜひ来てくださいな」と。

東京のテレビとまったく違い、本当にゆるゆるの番組。
でも、僕は楽しめた。

未来

未来がないなら、今を生きろ。

東京読書会 7/17

Img_5783


7月17日(日)、第一回目の読書会を開催しました。
場所は、代々木の民家カフェ・DADA CAFE。
都会の中に幻のように現れた、古びた一軒家を利用したカフェです。
参加者は六名。
テーマは、横光利一の短編「微笑」でした。

まるでSF小説のような謎めいた物語で、この作品に書かれていることは、どこまで現実で、どこまで幻覚なのかが、参加者の注目を集めていたようです。
横光の小説から話題は羽ばたき、シュールレアリズム、ダダ、夏目漱石の「夢十夜」などへも逍遥して行きました。

活発な意見交換ができたと思います。
みなさん、ご参加ありがとうございました!


mixiの東京読書会のコミュニティ

敗北

正しい日本語を書くのは、作家の敗北だ。

絶望

絶望するなら、笑っちまえ。

Dance

未来がないなら、その場で踊れ。

破滅

世界が間違っているのなら、破滅するのは正しいことだ。

洪水

もはや、言葉遊びをしている時季ではない。すべての言葉は、洪水の波の下に沈んだ。

(これは、どういうわけか夢の中で浮かんだ一句を、起きて書きとめたもの)

横光利一

横光利一を読んで思うこと。それは、「正しい日本語を書くことは、完全に間違っている」ということだ。才能のある作家ほど、歪んだ・異常な・文法を超越した言葉を弄する。

理由なき暴力

「理由のない暴力」なんてない。あるのは、「あなたには理由のわからない暴力」だ。

ファッショナブル

やはりファッションは「やせ我慢」なのだろうか。健康に悪く、体に無用な負担をかける衣服ほど、美しく見える。小学校の時、厳寒の冬の日、無理やり半ズボンで登校したのと同じだ。

マンゴージュース

マンゴージュースが好きだ。ねっとりして、人妻の肌のようだ。

蒼空

暑い。
蒼空に、巨大な殺意が閃いている。

作家の道徳

作家が本気で物を言うのは、道徳的な退廃だ。作家の存在価値は、嘘をつくことにあるのだから。

迷曲の森にようこそ

史上最強の「迷曲」は藤波辰爾? 吹石一恵?

これは結構面白かった。
「聞かなきゃよかった……」と後悔する迷曲ぞろいだった。
藤波辰巳の、あまりにも独創的な音感には恐れ入った。
越智静香の、夢遊病者のような不気味な踊りには感服した。

「迷曲」とは違うが、変わった曲なら色々ある。
スターリンの名曲「天ぷら」は、歌詞が全部で十文字くらいしかない。
「アレルギー」は、わずか51秒しかないという、おそらく世界で最も短いシングル曲。

権力者は「居座る」ものだ

管総理のことを「居座り」と評するのがわからない。
我々は、国民やマスコミがちょっと騒げば、首相が一年ほどであっさり権力から降りるという猿芝居に、慣れすぎているのではないか?

本来、権力者が簡単に「降りる」わけないのだ。権力者が権力にしがみつくのは当然であり、まずそこから議論を始めるべきだ。かつての王権政治では、王を玉座から引きずり降ろすには、王を暗殺する意外に手段がなかった。

すぐに辞めてしまう権力者は、結局初めから「権力」などなかったのだ。

7/25,「ゆる専ナイト」に出演します

7月25日(月)、東京カルチャーカルチャーの「ゆる専ナイト!~ゆるい専門家たちが集うスローな夜~」というイベントに出演します。
よかったら、お越しください。
ニコ生でも配信されるそうです。


ゆる専ナイト!~ゆるい専門家たちが集うスローな夜~
Open 19:00 Start 19:30 End 22:00 (予定)
ニコ生公式配信!前売り券1500円 当日券2000円(飲食代別途必要・ビール¥600など)

まだまだあなたの出会ったことのない専門家が世の中にはたくさんいます。ひと昔前のおかたいセミナーをするような専門家ではない、ゆるくてスローな専門家たちにお集まり頂きます。

名刺、ツイキャス、缶詰、フリーペーパー、レジ、お天気、カメラ、ゲームセンター、海外食品、本の編集、温故知新などなどあらゆるジャンルのゆる~い専門家たちとのスローな笑いある交流を!
ステージ上で専門家1人5分で紹介をした後は、専門家同士、専門家に会いたい方々で自由に名刺交換&コミュニケーションをお楽しみ下さい!
さらに、ニコ生公式配信も決定!

専門家に取材したい!お仕事をお願いしたい!というメディア、マスコミ関係者の参加もウエルカム!
名刺は、箱で持参ください!


(イベント進行内容)

19:30 専門家紹介タイム(90分)
21:00 交流タイム(60分)
22:00 イベント終了予定

* 司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー/イベント専門家)
コメンテーター:高木芳紀(名刺専門家/日本名刺協会)Suca Labe(なんちゃってツイキャス専門家)松本隆博(社会貢献的エンターティナー/ダウンタウン松本人志さん実兄)

(参加予定のゆる~い専門家のみなさん)

黒川勇人さん(缶詰専門家/缶詰博士/「缶詰ブログ」主宰)
渡邉匠さん(テレビ番組リサーチ専門家/株式会社フルタイム)
石崎 孝多さん(フリーペーパー専門家/オンリーフリーペーパー代表)
飯塚貴さん(レジ専門家/ジーンズメイト)
小林寿代さん(お天気専門家/ウェザーマップ)
青木直也さん(カメラ専門家/カメラのキタムラ)
新小田 裕二さん(ゲームの専門家/株式会社セガ)
伊藤謙さん(海外食品専門家/川口貿易)
濱崎誉史朗さん(変な本編集専門家/社会評論社)
山本直美さん(温故知新専門家/ブログ「温故知新で食べてみた」主宰)
クロスケ。さん(爆音研究家/大仏ハンター)
杉岡幸徳さん(奇食評論家・奇祭評論家)
樫原 叔子さん(ビアガーデン評論家)
小関敦之さん(築地専門家/築地王/テレビチャンピオン築地王選手権優勝)
ピート小林さん(カカシ研究家)
柴田ゆかりさん(チケット販売/イープラス社員)

※この他、会場にはゆる~い専門家多数来店(扇風機専門家/バニガール専門家/動物園ライター専門家、鉄道車止め専門家、床屋外観専門家、治験専門家など)頂きますので、ぜひ交流を楽しんでください~。名刺は箱で持参下さい。

<関連サイト>
ゆる専ナイトfacebookページ

詳細、チケットご購入はこちら

会場へのアクセスはこちら

黄金虫

「黄金虫は金持ちだ~」の唄の「黄金虫」とは、実はゴキブリのこと。ゴキブリは食料があって暖かい場所にしかいないから、昔はめでたい虫とされていた。ゴキブリが嫌われるようになったのは、つい最近のことである。我々の美醜の感覚が、いかにいい加減な物かがわかる。
「黄金虫」子供に人気 http://t.co/5Sc9DFc

発禁

今知ったのだが、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」は、自殺を誘発するという理由で、いくつかの国で発禁処分になっているんだな。やはり、発禁などを恐れてはいけない。発禁本とは、名著の別名である。

創造的破壊

僕は「創造的破壊」という言葉が嫌いだ。
破壊された後のことを考えている輩に、本当の破壊など出来るわけない。
破壊するときは、徹底的に破壊し、後先のことは何も考えないこと。「創造」という概念や希望すら壊滅させることだ。

デマ

デマをまき散らす人間と、それを必死で修正する人間とでは、デマをまき散らす人間のほうが偉い。
なぜなら、前者のほうがクリエィティヴだからだ。後者はただ批判する評論家にすぎない。

編集者

最近気になるのが、「編集者はいつから作家の文章に手を入れ始めたか」だ。
このところ、夏目漱石や横光利一を読んでいるのだが、彼らの作品に、編集者や校正者が手を加えたとは思えないのだ。
なにしろ、明らかな日本語の間違いや誤字脱字が散見されるのだから。
しかし、それが彼らの芸術であり、独創性なのだ。編集者が介入していたら、もっと正しく、もっと退屈な作品になっていただろう。
そして、この世に夏目漱石も横光利一も存在しなかっただろう。

伝統

「伝統」は、悪党どもの最後の逃げ場だ。

神聖

神聖と滑稽の差は、わずか一歩。

生肉

実を言うと、僕は生レバーもユッケも食べたことがない。
「あれだけ奇食を食べといて、いまさらなんだ」という苦情も出てきそうだが、僕は怪しい食べ物には、必ず火を通してほしいのだ。
だから、新宿の某飲み屋で出される、カエルや豚の○○○の刺身も食べたことはない。
ユッケも、実は韓国ではあまりポピュラーではないらしい。やたらと生肉を喰らいたがるのは、日本人と、イヌイットと、変質者くらいだと知るべきだ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »