杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 詐欺師 | トップページ | 愛しい人 »

出版搾取

先日、ある小さな出版社の社長の講演を聞きに行ったら、
「物書きは、原稿料や印税を当てにしてはならない。書かせてもらうだけで、ありがたいと思わないと」
などと主張していて、呆れた。

僕の知る限り、まともに印税も出せない三流出版社ほど、こういうことを言う気がする。
印税や原稿料を払えない出版社って、どこか経営状態がおかしいということではないのか。
社長さん、あんたの経営責任はどうなるのか。

さらにこの人は、こう続ける。
「原稿は、編集者が求めるよりも良いものを書きなさい。さらに、締め切りよりも早く納品しなさい」

編集者や出版社にとって、これほど都合のいいライターもいないだろう。
たとえ奴隷でも、ここまで親切にはやるまい。

こういうことを公の場で堂々と言うほど、この人の感覚は麻痺しているのだろう。
出版業界は、それほど腐りきっているのだ。
もちろん、この社長は物書きとは違い、別にただ働きをしているわけではない。しっかり社長としての報酬は確保している。

« 詐欺師 | トップページ | 愛しい人 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/51936572

この記事へのトラックバック一覧です: 出版搾取:

« 詐欺師 | トップページ | 愛しい人 »