杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ゴネ得

「ゴネ得」というのは変な言葉だ。ゴネたら得するのは当たり前であり、そんなに羨ましいのなら、あなたもゴネてみればいいのだ。それをやる勇気がないのなら、初めから黙っているといい。

喪失

失うことによって、得るものもある。

横浜散策

昨日は友人の女性ライター二人と横浜へ。
「港の見える公園」に行き、港がまったく見えないことを確認しながら、元町に降りてお茶をする。
そこで時候柄、「女はみんなレズか」「山路徹はなぜもてるか」という議題について、真剣に討議する。

その後中華街でマーボー豆腐、酢豚などを食し、中華街を散策。
怪しい漢方薬屋に入り、ムカデやトカゲ、ヒルの煎じ薬を眺める。
さらに食品店に行き、ツバメの巣のジュース、朝鮮人参茶・ドリンクなどを購入した。

行動と芸術

三島由紀夫は、行動と芸術を対立させた。しかし、なんでそんなことをする必要があるのか。僕らは、行動を芸術化すればいいのだ。いや、そんなことをする必要すらないのだ。

出版業界の激変

震災以来、出版業界も激変している。

先日、ある評論家がこんな本を出していた。
サブタイトルが「日本化する世界」。
煽り文句にはこうある。
「ここまで成熟した国を作り上げて、どうして批判的になってしまうのでしょうか。21世紀、日本は世界のモデルになるでしょう」。

もちろん、この本は3.11以前に企画され、書かれたのだろう。
しかし、いま見ると痛々しいばかりだ。

「日本化する世界」というが、世界中で大津波やレベル7の原発事故が起こったらえらいことだし、世界はもはや、日本を見習おうなどとはしないだろう。
むしろ、「日本のように惨めな状況にならないように……」と反面教師にされてしまうに違いない。

つまり、この震災は、僕らの視座そのものを変えてしまったのだ。

子供

子供は、愛されることが仕事なのだ。

守る

守るためには、手放すことだ。

三島由紀夫

久々に三島由紀夫を読む。

三島は、完成された一つの宇宙である。
その向こうには、何もない。
しかし、僕はその向こうを見たいのだ。行きたいのだ。

人はいなくとも、花はひとり咲く。

民俗学とオタク

学者という人種は本質的にオタクだと思うが、民俗学ほどオタクに向いている学問はないだろう。
なにしろ、「ひも」というテーマを一生研究し、本にしてしまう人がいるのだから。
到底、僕には無理である。
僕には向いていない。

洗脳

民衆は、洗脳されたがっている。
別に政府が国民を騙しているのではない。国民が、騙されることを望んでいるのだ。
欺かれることは、奴隷にとって快楽に他ならない。

詩人

彼はペンを、まるでナイフのように扱った。

奴隷

奴隷をよりよく働かせるためには、お金よりも有効なものがある。

誇りを持たせることだ。
「これはお国のためだ。お前は国家のために戦う戦士なのだ」
と絶えず吹き込むことだ。
そうすると奴隷は、報酬などなくても勝手に死地に赴くだろう。

リトマス試験紙

原発の問題は、学者や文化人を判定するリトマス試験紙になったと思う。
とりあえず、原発のCMに出て、いまだ原発を推進する勝間和代は最低だ。
自称経済評論家のくせに、原発の異常な高コスト性に気付かないとは、どういうことなのか?

どんな普段偉そうなことを言っていても、こんなに危険で差別的な発電方法を推進する者は、到底信用できない。
原発とは、差別と搾取の上に成立したシステムである。

形式

芸術とは、形式を破壊する意志である。

変革

これから、日本は変わる。
僕も、変わらねばならない。

「徴原発制」を施行せよ

徴兵制を主張する人がいるが、「徴原発制」を施行したらどうか。
原発に賛成する人は皆、一年に最低一カ月、福島原発に行って作業する。
これ、どこからも反対の声は出ないはずだ。
何しろ原発は「安全でクリーン」だから、推進派も福島に行きたくてうずうずしているはずだ。
すぐに始めてもらいたい。


危険か危険でないか

危険か危険でないかは、僕らが決める。
学者ではない!

赤坂プリンスホテル

かつて、バブル世代の憧れだった赤坂プリンスホテルが閉鎖され、変わって震災の被災者が入居する。

確実に、時代の激変を象徴している。

都民は、何一つ変えないことを選んだ

東京都民は、何一つ変えないことを選んだようだ。
この、日本史上最大の国難において。

正直言って、東京は、この国は、もう駄目かもしれない。
変わるチャンスを、自ら手放してしまったのだ。

残念ながら、本当におさらばする時が来たのかもしれない。
お前らは、本当にクズだったよ。

私たちの使命

権力の横暴を前にして、「仕方ない」と膝を折るのは、はたして美徳だろうか。

暴動を起こすのが、私たちの子孫に対する使命ではないか。

原発は絶対に安全か

原発は、絶対に安全でなければならない。
しかし、原発は絶対に安全ではない。
だから、原発は廃絶されねばならない。

言論の自由

日本には、言論の自由などない。
だからこそ、この国は素晴らしいのだが。

滅びの灯

1986年、チェルノブイリ原発の致命的な事故が起こる。
その五年後の1991年、あのソビエト連邦はついに崩壊してしまう。

原子力は、滅びの灯である。
沈みゆく帝国を照らす、黄昏の炎なのだ。

2011年、福島原発の大事故が起こる。

その後、何が起こるのか。

僕らは、しっかりと見つめていなければならない。

愛憎

誰かを愛すれば、誰かに憎まれる。

誰からも憎まれない者は、誰からも愛されない者である。

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ。
日本民族は、かくまで放射能に愛された民なのか。

ライターと原発

雑誌の記事によると、ライターが電力会社に頼まれて原発の記事を書くと、とてつもなく高い原稿料をゲットできるらしい。
もちろんその時は、「原発は素晴らしい。絶対に事故を起こさないし、エコノミカルでクリーンである」というふうに書かねばならない。

ここで思い出したことがある。
僕の知っているあるライターが、依頼を受けて六ヶ所村の再処理工場のルポを書いているのである。
このライターは、地震が起こって以降、原発のことには一切触れていない。
だいたい、地震のことすら、一回さらっと書いているだけである。
おそらく、日本史上最大の事件の一つであるのに。
今書かずに、いつ書くのか。

なるほど、だ。
こういう三流御用ライターも、今回の原発事故の責任の一端を担わせていいだろう。

東日本と西日本

これまで、東日本と西日本という分け方は、あまりピンとこなかった。
それより、東京と大阪、関東と関西という対立図のほうがわかりやすかった。

しかし、この震災を機に、東日本と西日本は、経済的にも文化的にも、はっきり別れてしまうかもしれない。
これはおそらく、日本史上画期的なことだろう。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »