杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年は歴史に残る年になる | トップページ | 想定外 »

「虫食う人々」

今出ている「怪」(角川書店)に、僕の連載「置き去りの日本」の第二回目「虫食う人々」が載っています。

信州の奥深く、今も昆虫が普通に食されている地域があり、そこに行って、実際に昆虫を食べながらルポを書きました。
世界でここだけでしか食べられていない「ザザムシ」の漁にも同行し、写真も撮って来ました。
ここで食べた昆虫は、ザザムシ、ハチノコ、イナゴ、カイコのさなぎ、カイコの成虫です。

単なる時代遅れで野蛮な習慣ではなく、実は未来へとつながる先進的な食事である昆虫食(その理由も述べています)。
よかったらご覧ください。

« 2011年は歴史に残る年になる | トップページ | 想定外 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/51248401

この記事へのトラックバック一覧です: 「虫食う人々」:

« 2011年は歴史に残る年になる | トップページ | 想定外 »