杉岡幸徳の著作

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« エジプトと日本 | トップページ | 「相撲に八百長はつきもの」と開き直る人 »

八百長

相撲って、単なるデブの転がし合いだと思っていたが、八百長までやっていたのか。

これが自称「日本の国技」なのか。
笑わせる。
さっさとお取りつぶしにしちまえ。

こんなものが日本の伝統なら、八百長も、野球賭博も、暴力団と付き合うのも、日本の麗しき慣習なのか。
こういう連中は、結果的にわが国を侮辱していることがわかっていないのか。

前に中島らも氏も言っていたが、そもそも「押し出し」なる物が、格闘技の技なのか。
そんなものは、満員電車に乗っているサラリーマンなら、毎日やっているではないか。
「八百長でもいい、面白ければ」としたり顔で言っている者は、こんなものが本当に面白いと思っているのか。

こんなものを「公益法人」に祀りあげるなら、相撲協会と仲のいい山口組も、同じく公益法人に認定することをお勧めする。

« エジプトと日本 | トップページ | 「相撲に八百長はつきもの」と開き直る人 »

「ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/50765588

この記事へのトラックバック一覧です: 八百長:

« エジプトと日本 | トップページ | 「相撲に八百長はつきもの」と開き直る人 »