杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

傷口

大切なことは、自分の赤い傷口を広げ、みんなに見せつけること。

芸術家の使命は、それだ。

マスコミ批判病

自称「集団ストーカ」被害者が、ねちねちとマスコミを誹謗中傷しているのを見た。
マスコミが自分の部屋に盗聴器を仕掛けているとか、監視しているとか。

意味もなくマスコミ批判する連中には、精神疾患を患っている人は多いのではないか?

書くこと

物書きにとって、物を書くことよりも大切なことがある。

書かないことだ。

ジュリアス・シーザー

原稿もあるが、これからしばらく芸術の森に入って行くことにする。
文学、音楽など、美的なものに浸る。

シェークスピアの「ジュリアス・シーザー」を再読。
有名な、アントニーの扇動演説、民衆が暴動を起こす場面の激しさに驚倒する。

やはり僕は、本質的に芸術至上主義者であり、耽美主義者なのだ。

最近、僕は全然大したものを書いていない気がする。
反省している。

扇動

公然と犯罪を扇動できない、勇気なき物書きは、今すぐペンを折れ!

全ての革命的なものは、犯罪なのだ。

犯罪と芸術家

犯罪を称賛し、扇動することは、芸術家の一種の責務である。

民主主義

民主主義とは、馬鹿が馬鹿を承認し、賛美するシステムである。

市橋被告の本を読了

市橋被告の本を読了。

極めて乾いた、即物的で、稚拙な文章。
抒情的な描写や、気の利いた言いまわし、ユーモアなどはほとんどなく、「なぜ人を殺めたのか」「なぜ罪から逃げ回ったのか」を解き明かす、心理的な掘り下げは皆無に等しい。
本質的に、内省的な人ではなく、物質的な人なのかもしれない。
「自分とはいったい何者か」という問題に、本気で頭を悩ませたこともないのだろう。

しかし、この本は、ダイヤの原石である。
魂の暗黒面がほとんど描かれていないがゆえに、逆に芸術家の想像力をそそるのである。


それにしても、アマゾンのブックレビューはひどい。
堂々と「この本は読む気はありません」と言う人が、レビューを書いている。
つまり、読まずして書評を書いているわけだ。
こんな書評になっていない書評を載せるアマゾンは、どこかシステムが間違っているのではないか。

すしは日本古来の料理ではない

すしを正しく伝えるため…世界初のすし検定

「すしを屋台で販売していたり」と書いているが、江戸前ずしとは、もともと屋台で立ち食いしてたものですよね。
だいたい、すしは日本古来の食べ物ではない。その起源は東南アジアになる。
しかも、生の魚を載せたすしが全国的に普及して、まだせいぜい数十年しかたっていない。
この間行った信州には、昔から「ザザムシ」を載せたすしがありましたし。

僕の著作である『世界奇食大全』(文春新書)より抜粋しておきます。


 すしほど日本的な食べ物はないと思われがちだが、実はこの料理はわが国原産のものではない。
 もともとは、東南アジアの山岳民族が、魚や肉を漬け込んで保存するための料理だったのだ。それが、稲作と共に日本列島にもたらされただけである。
 さらに多くの現代人は「すし」と聞けば、飯の上に生魚を載せた、生きのいい「にぎりずし」を思い浮かべるだろう。
 しかし、江戸前のにぎりずしは、文政年間(1820年頃)に華屋与兵衛が考案したとされているから、誕生してからまだ200年も経っていないのだ。当初は屋台で立ったまま食う、とても下賤なファーストフードだった。今でいう「ご当地B級グルメ」という感じだ。
 しかも、当時の握りずしは、生の魚など決して使わず、ネタにはすべて焼いたり煮たりの「仕事」が施されていた。冷凍設備など何もなかったから、当然だ。
 生の魚を握るすしが全国的に普及したのは、実はこの数十年のことにすぎない。私たちが伝統とか文化とか考えるものが、いかにいい加減なものなのかがわかる。

市橋被告の本

まだ少し読んだばかりだが、携帯より。

恐るべき稚拙な文章。
作文の苦手な中学生が書いたような。

これは本当に本人が書いたか、よほど腕の悪いゴーストライターが書いたかのどちらかだろう。
おそらく前者だ。

今のところ、表面的な描写に終始し、なぜあそこまで逃げ回ったかを明らかにする心理的掘り下げはない。
しかし、恐らく水嶋ヒロよりは肝に堪える本だろう。

被告の孤独感、絶望感は想像を絶する。

Twitterの終焉

そろそろ、twitterのブームは終わりそうな気がする。
ひしひしと、そんな感じがする。
深入りしなくてよかった。もともと、面白いとは思ってないし。
これからはFacebookか。

教育

教育とは、虐待の美名にすぎない。

嫉妬

嫉妬は、何もできない人間の最終兵器である。

「ズームイン!!SUPER」で取り上げられました

今日、読売テレビのズームイン!!SUPERで僕の祭りの写真が取り上げられたはずですが、誰か見た方います?

東京では見れないのです。

グーグルと貧乏人

グーグルでファッションショーをしたり、スカイダイビングをしたりしている連中、やってて虚しくならないのか。

金持ちならグーグルなどを使わず、本物の服を着て、本物のスカイダイビングをやるだろう。


しょせん、インターネットは貧困ビジネスである。
貧乏人の娯楽にすぎないのだ。

虫を食べる

精神に自由さがなければ、虫は食べれない。

虫を食べるということは、自由を食べるということだ。

偏向

自分の気に食わない物のことを、人は「偏向している」と言う。

インターネットで人気者になるには

インターネットで人気者になるのは、簡単だ。

マスコミに攻撃してもらえばいいのだ。
そうすれば、ネットにたむろする、マスコミにルサンチマンを抱く連中が、「マスコミに批判されるくらいだから正しいのだろう」と思って、勝手に支持してくれる。
鹿児島の竹原某が、その典型だ。

もっとも、実際にはほとんどいない、ネットのヘビーユーザーに支持してもらったところで、一銭の得にもならないのだけど。

マスコミと政治家

マスコミの攻撃にも耐えられない政治家なら、初めから政治家なんかにならないほうがいい。

インターネットの匿名性

やたらと匿名性にこだわり、インターネットに個人情報が流れるのを極度に恐れている人を見ると、金などまるで持ってないくせに、「自分の財産が盗まれるのではないか」としきりに怖がっている貧乏人を連想する。

誰もあんたなんか狙っちゃいないのに。

法律違反

法律違反は、楽しい遊び。

伊那へ

伊那に昆虫食の取材に行ってきた。

ザザムシ漁は雪のため、昆虫の佃煮工場は土日休業のため、見れなかった。
晩御飯にソースかつ丼、おたぐり、ザザムシ、イナゴ、ハチノコを食す。
昆虫は、ハチノコ、イナゴ、ザザムシの順に美味い。
しかし、なぜかザザムシが一番高い。

夜、雪の降る、うらぶれた伊那の町を歩く。
翌日の昼食は、ローメンとダチョウの刺身。
萬里という店だが、ここにはアルマジロとスズメバチと朝鮮ニンジンなどを漬け込んだ、不気味な酒が置いてあった。いっぱい1500円ほど。
その後バスで東京に帰って来る。
伊那には、もう一度取材に行くつもりだ。

Facebook

Facebookが流行るかどうかは、日本にまともなインターネット文化が根付くかどうかのリトマス試験紙になるだろう。
と言っても、僕はアカウントを作ったまま放置しているが。
匿名による便所の落書きである某掲示板だけが繁栄するのは、国際的な恥辱にほかならない。

「ソーシャル・ネットワーク」という映画は見に行くつもりだ。

伊那の晩餐

伊那の夕食は、ソースカツ丼、ハチノコ、イナゴ、ザザムシ、おたぐり。
いずれも伊那の郷土料理。
この店にはダチョウはなかった。

偽善者

この世には、偽善者などという者は存在しない。
それは、単なる悪人である。

俗物に安心する

「何が必要か、事前に施設に問い合わせを」 “タイガーマスク運動”受け、児童養護施設協議会が「お礼とお願い」


この記事で、施設側を非難している人が結構いて、驚く。

「俺様がせっかく『善意』で送ったランドセルだ。四の五の言わず、ありがたく受けとらんか、ワレ」
ということらしい。

安心した。
このところ、やたらとこの「タイガーマスク」が称賛されているので、日本人はみんな退屈な善人ばかりになってしまったのかと、不安だったのだ。
相変わらず、日本人の中にも、下種な勘ぐりをする、心の狭い俗物はいっぱいいることがわかった。

俗物というのは、「人間」ということである。
それは、極めて健全なことなのだ。

本当に、日本人はまだまだ捨てたものである。

才能

才能とは、烙印であり、十字架である。

民主主義の勝利

ブログを1000個もやっていた奴がいるのか。

道理でこの世には、下らない、何のために存在するのかさっぱりわからないウェブサイトが多い思った。

これを人は、「言論の自由と民主主義の勝利」と呼ぶ。


ブログで「容疑者の実家」とウソ 小学校講師を書類送検

仮面の「善人」

僕がタイガーマスクの行動に素直に乗れないのは、そのやり口が、
「子供は学校に行かねばならない。学校に行くのが子供の幸せ」
という単純な思想に基づいているからだ。

もし子供が、
「ランドセルなんかいらん。僕は学校なんか行きたくない。一生遊び続けたいんや!」
と主張したらどうするのか。
「そんな子供がいるか!」など言ってはならない。
僕が、まさにそういうタイプだったからだ。

すると、暑苦しい虎の仮面をかぶった「善人」は、
「学校に行かなあかんで。世の中で苦労するで。大人になったらようわかるわ……」
などと説教するだろうか。


僕は心から言えるが、学校で習ったことは、いまマイナスにはなれど、プラスにはなにもなっていない。
まちがいなく、そう断言できる。


学校とは、子供の行く刑務所にすぎない。
そこには、愛も自由も何もない。

慈善強盗

今、銀行にランドセル持って行って、マスクをかぶって「タイガーマスクですが……」とやったら、どうなるだろう。
銀行強盗と間違われて通報されるだろうか。
そのうち、「タイガーマスク強盗」なるものが現れる、と見ている。

タイガーマスクの覆面をして銀行に行って、
「タイガーマスクです。恵まれない子供たちのために、カンパをお願いしたい」
と金を要求するとか。
今の社会状況だったら、「義賊だ鼠小僧だ世直しだ」と言って持てはやしてくれるかもしれない。
「タイガーマスク」とついたら何でもいいような風潮だから。

また、「小さな親切運動」として、タイガーマスクの覆面をして、電車の中でお年寄りに席を譲ったらどうか。
これも持てはやしてくれるだろうか。
以外と、「うざったい奴だ」と袋叩きにされそうな気もするが。


世の中は、そろそろ愛や善行に飽き始めている。

タイガーマスク

「私は麻原彰晃です」
と言ってランドセルを持っていったら、今なら全国的に報道してくれるだろう。
考えてみれば、これほど簡単な売名の手段はない。
売れない芸能人や作家のみなさん、チャンスです。

タイガー

最後の記述に爆笑。
かっこよすぎる。
というか、テレビの見すぎだっての。
子どもたちは、どんな思いでタイガーを追っかけたのか。
単に「変なおっさんがおるな。おもろいから追っかけようか」程度ではないか。
タイガーに感謝して後を追ったガキは、一人もいないと断言できる。

虎の覆面をかぶった贈り主も現れた。大分市では、タイガーマスクのような虎の覆面姿の男性が、市内の児童養護施設を訪れ、「伊達直人」と名乗って職員にランドセルを手渡すと、施設の子供たちが追いかける中、別の男性が運転する車で去っていったという。


虎の覆面姿も出た、タイガー運動42都道府県に

ランドセル

ランドセルなんかいらない。
愛をくれ。

便乗

あちこちでタイガーマスクや矢吹丈を名乗る善人たちが慈善活動を展開しているが、これに便乗した「振り込み詐欺」が始まるような気がしてならない。

「もしもし、タイガーマスクです。お宅のお子さんのために、ランドセル代を寄付したいのですが……」

女子会2

定食屋で、60歳くらいのおばあさん五人が、鯖のみそ煮定食をつつきながら、うだうだとお喋りしていた。

これも、今流行の「女子会」なのだろうか?

模倣

タイガーマスク。
慈善行為すら、他人の真似になってしまうとは。

美容整形

「化粧はいいが、美容整形はいけない」とする根拠は何だろうか?

「親のくれた体に傷を入れてはならない」という人がいるが、そういう人は爪を切ったり、散髪屋に行ったりしないのだろうか?

女子会

「女子会」の流行は、ネーミングの勝利だろう。

これを素直に「おばはんたちの茶飲み会」と称していたら、誰も相手にしなかったはずである。

犯罪と芸術

犯罪を無条件に賛美できないような人間は、初めから芸術家になることは諦めたほうがいい。

それほど芸術にとって、罪や人間の暗い要素は、必須の条件だからだ。

伝統を守る

伝統を守るというのは、知的に怠惰な人間のやることである。

新しいことを一からやることのほうが、より困難で、有意義に決まっているからである。

成人式

成人式で暴れる若者は、清々しい。
未来は彼らの物だ。

彼らは実に従順で、保守的で、社会の規範にそのまま従う気概に溢れている。
本当に革命的で反抗的な若者なら、初めから成人式には来ないはずだからだ。

マスコミとインターネット

これからインターネットが普及すればするほど、逆にマスコミの重要性は増していくだろう。
それほど、インターネットの情報はデタラメばかりだからだ。

インターネットの情報の、99%は嘘である。
残りの1%は真実だが、それはマスコミ発の情報である。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は、より気楽に、自由にやっていきたいと思います。
無理はしない。
楽しむこと。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »