杉岡幸徳の著作

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フィギュアスケートの謀略

ブログにフィギュアスケートのことをちょっと書いたら、「浅田真央は国際的な陰謀により貶められている」と主張するサイトに、勝手にリンクを貼られた。別に真央のことは書いてないのに。たかがフィギュアごときに、国際的陰謀を透視するこの感性、どうなってるんだ。

フィギュアスケートの保守性

フィギュアスケートは、とても保守的なスポーツである。

それは、男女ペアの演技を見ればわかる。
ここでは、常に男が追い、女が追われる。
男は守り、女は守られる存在だ。

フェミニストが怒りださないのが不思議なほど、古典的なジェンダーに則った競技なのだ。

さらに不思議なのが、演技しているのが白人と東洋人ばかりで、黒人の影すら見当たらないことだ。
これには、何か隠された秘密があるのだろうか。

人毛醤油の発明者は日本人

と学会の山本弘さんに教えていただきましたが、今話題の「人毛醤油」の発明者は日本人だそうです。

<毛髪研究の大家・大門一夫さんは、戦時中から戦後にかけての食糧不足のおり、毛屑から、代用しょうゆを作ったという。
 その作り方は
① 毛をよく洗って、10%の塩酸の中に入れ、24時間ほど煮沸する。
② ①でできたものをろ過し、苛性ソーダで中和させる。
 今のしょうゆとほとんど味がかわらなかったという。>
http://www.kachispo.com/k/1412/

だとしたら、日本人の偉大なる発明を、中国人がまたもやパクッたという構図なわけです。
日本の麗しい伝統である人毛醤油、ぜひご家庭でも取り入れてみてはいかがでしょうか。

媚薬

愛情に勝る媚薬はない。

法律

法律は、破ることに味わいがある。

匿名の時代は終わった

インターネットで、匿名性が持てはやされる時代は過ぎ去った。

これからは、実名が重視され、実名で活動する人間以外は相手にされなくなるだろう。

大きな家族の物語

「トイレの神様」を通して聴いたが、特に泣きはしなかった。ただ、植村花菜 の声は深みがあって、ふくよかで、素晴らしい。昔から、日本では便所には「便所神」がいると言われていた。「おばあちゃん」が言っていたのはこのことだろう。民俗学的に見て、意味のある歌かもしれない。

しかし、ちょっと前に「大きなのっぽの古時計」がヒットして、今度は「トイレの神様」か。今の日本人は、おじいさんやおばあさんなど、大きな家族の物語に飢えているのかもしれない。だとしたら、今度ヒットするとしたら、それは「ひいじいさん」「ひいばあさん」の素晴らしさを切々と歌った歌だろう。

あるいは、「いとこ同士は鴨の味」と昔から言うから、いとこと結婚してよかったとか、気持ちいいとか、アツアツだとかいった歌が。

悪名は無名に勝る

アマゾンのブックレビューで酷評される本は売れる――という法則があるらしい。
水嶋某の処女作を巡る騒動を見ていると、この法則が正しいことが分かる。

これからの物書きがやるべき事は、アマゾンのブックレビューを徹底的に研究することではないだろうか。
どんな本がネットユーザーに嫌われるかを調べ、出来る限り彼らに憎まれるような本を書く。
そうすると、その本は笑ってしまうほど売れる。
半分真面目に、そんなことを考えている。

ネット世論などには、何の影響力もないのである。

夜這いを否定する人々

mixiの民俗学のコミュ二ティーを見て、驚いた。

夜這いという制度に、現代の価値観から不快さを感じ、夜這いなんてなかったんだとか言っている人がチラホラいる。
あるいは、汚らわしく不快だからそんな話はするなとか。

まるで、南京事件否定論者を見ているようだ。
いくら、当事者が「あったんだ」と言っても、その頃生まれてもいない若者が「そんなのあるわけないだろ」と否定する構図が。

しかし、現代の価値観に照らし合わせて、文化や歴史を断罪する人って、やはりいるんだな。
文化人類学的な価値観が、まだ世の中に浸透していないのだろう。

こういう人々がいると、僕はかえってファイトが湧いてくる。
『怪』の連載で夜這い村のルポを書いてよかったと思う。

猫料理

猫の料理は中国にあるし、日本でも沖縄では薬食いされていた。
中華の最高級料理である満漢全席には「猫の腸の煮込み」なる一品もある。
戦時中の食糧難の時、日本の本土でも野良猫が捕まえられて料理されていたという。
猫肉は、犬に比べてあまりおいしくないらしい。

わが国では、ペットの名前で一番多いのが食べ物の名前である(マロンだとかチョコだとか)。
つまり、多くの人が、ペットを心の奥底で食べたいと思っているのだろう。
食べることと、愛することは一つである。「食べちゃいたいほど好き」という言葉もある。
最近、猫が鍋の中で寝ている「猫鍋」なるものが人気だが、これも、みんな深層意識で猫を食してみたいと思っている証だろう。

全席喫煙可能

この間、全席喫煙可能と銘打ったレストランに入ってしまった。
思った通り、料理は美味くなかった。

こういう喫煙に寛容なレストランは、シェフも喫煙者であると見ていいだろう。
煙草を吸う人間に、まともな料理ができるわけがない。

流出画像

尖閣の流出画像が、世間を大いに騒がせたのはなぜか?

例の保安官が画像をネットにアップしたからではない。
それをマスコミが報じたからである。
もしマスコミが報道しなければ、ネットだけの局地的な騒動に終わっていただろう。

禁煙席と喫煙席

禁煙席は「喫煙してはいけない席」。
それなら、喫煙席は「喫煙しなければならない席」ではないのか?

もしそう規定したら、世の喫煙席は激減するに違いない。
本当は煙草なんて吸いたくないけど、禁煙席が空いてないから仕方なく喫煙席に座っている人もいるのだから。

日本の三大珍味

日本の三大珍味は、独断で、フグの卵巣のぬか漬け、ザザムシ、なれずし(フナずしなど)あたりでどうだろうか。

拙著の『世界奇食大全』(文春新書)で取り上げています。

マスコミとインターネット

もしマスコミがなくなったら、インターネットも消滅するはずである。
ネットに流れている情報のほとんどは、マスコミ発だからだ。
インターネットとは、マスコミの不義の息子にすぎない。

誰が言ったのか

「重要なのは、誰が言ったかではない。何を言ったかだ」――というのは、大嘘である。

インターネットほど、「誰が言ったか」が重視されている世界はない。
それは、あいつは右翼だとか左翼だとか、関係者だとか工作員だとかといった、レッテル貼りが日夜行われていることからもわかる。

人間は、誰がしたかわからない発言には、耐えられないものなのだ。
言葉には、顔が必要なのだ。

ジャーナリスティック

sengoku38とやらは、何一つ新しいものを創造していない。

彼がやったのは、誰かが撮って来たビデオを盗んできて、それをネット上にコピーしただけである。
その行為は、少しもジャーナリスティックではない。

ネットは無料であってはならない

『ネット帝国主義と日本の敗北』(岸博幸、幻冬舎刊)を読む。

確かに、物書きはグーグルに搾取されるだけである。
グーグルはライターに何一つ対価を払っていないのだから。

「ネットは無料」という常識(?)こそ、今こそ見直され、覆されねばならない。
ネットで速やかに課金できるシステムを作らねばならない。

そうしないと、マスメディアという権力を否定した結果、グーグルという、より苛烈で残虐な独裁者に支配されるしかないだろう。

ビジネスマン

サラリーマンやビジネスマンと言うな。
ただのプロレタリアートと呼べ。

権威の否定

権威を否定したとき、人はより恐ろしい権威に襲われる。

大概の場合、後から来る権威のほうが、はるかに悪質である。

陰謀論の陥穽

この間話したこと。

時々、
「韓国人が日本の政財界やマスコミを支配している」
と主張する人がいるが、もしそうだとすると、それは、
「韓国人は優秀な民族で、日本人は劣等で愚かな民族だ」
ということを言っているにすぎない。
数にして1%にも満たない民族に支配されているのだから。

もしそうだとしたら、僕は間違いなく、韓国人側につく。
強いものに味方したほうが得だからだ。
こう判断する人が、多数いてもおかしくないだろう。

ドイツ人がユダヤ人に支配されているとするナチズムもそうだが、民族的な陰謀論は、結局は自分の側の民族を侮辱しているにすぎないのである。

サスペンスドラマに夢中

土曜ワイド劇場「タクシードライバーの推理日誌」を真面目に見てしまう。

しかし、タクシーで東京から能登まで行くなんて、設定に無理がありすぎだろう。
しかも二度も。いったい料金と時間がどれくらいかかるんだ。

それにしても、タクシードライバーの夜明さん、儲けているなあ。
前回は東京から山梨までの長距離ドライブで、今回は能登までか。
売上莫大なものになっているだろうなあ。今、日本で一番稼いでいるタクシードライバーではないだろうか。

インターネットとマスコミ

インターネットだけに存在して、マスコミが報道しない情報は、間違いなく嘘か、どうでもいい情報かのどちらかだ。

もし本当で重要な情報なら、どこかのマスコミが報じるはずだからだ。

マスコミにもいろいろある。
すべてのマスメディアがまったく報道しない真実などは、この世に存在しない。
世の中そんなに甘くない。

インターネット

インターネットは、貧者の核兵器である。

スポーツ新聞の見出し

スポーツ新聞の見出しは、どんどん芸術的になっているな。

今日見たら、「小林麻央・離婚」と書いてあった。「おおっ」と思ってよく見ると、下に小さく「……はありうるのか」と書いてある。
これなら、何でも言えちゃうじゃないか。

ウィキリークス

ウィキリークスについては、今のところ僕の判断は揺れている。

本来、アナーキストである僕からしたら、ウィキリークスを無条件に支持しても良さそうなものだが、なぜかそうはならない。

何か胡散臭いものを感じるからだろうか。
ウィキリークスに、国家よりもさらに恐ろしく、暴力的で、抑圧的な何かを。

民衆の意思というものは、ほとんどの場合は間違っているものである。

少子化は喜ぶべきことだ

少子化を止める唯一の方法――それは、国際セックス(結婚)を奨励することである。

だいたい、地球単位で見れば、人類は増えすぎて困っているので、少子化は喜ぶべきことなのだ。
少子化を嘆くのは、時代遅れな国家のエゴイズムにすぎない。

できちゃった婚と夜這い

「できちゃった婚」が増えたのは、別に最近の日本人が性に奔放になったからではない。

むしろ、保守的になった証しである。
本当に奔放なら、結婚自体をしないはずだからだ。

昔の日本人が、別に結婚など関係なく、夜這いなどをしまくっていたことは、『怪』(角川書店)の最新号の連載「置き去りの日本――夜這い村に忍び込む」に書いておいた。
「結婚まで処女や童貞を守る」という思想は、実はつい最近に生まれて、そして滅びていった「建前」なのだ。

違法行為

時には法律を破るのも、社会人の大切な務めである。

少数派

少数派は、いつも正しい。

真実

自分に都合のいい物のことを、人は「真実」という。

真実

真実はひとつではない。
いくつもある。
真実ほど胡散臭いものはない。

歌舞伎は法律で禁止せよ

歌舞伎なんてレベルの低い自称「伝統芸能」に、税金を出す必要はない。
むしろ、法律で歌舞伎なんか禁止にしてしまえ。

そもそも、歌舞伎は権力に弾圧され、禁圧されてきた歴史があるんだろう?
それこそ、この芸能の「伝統」ではないのか。

歌舞伎の法律による禁止は、この芸能を本来の姿に戻す作業である。
伝統だのなんだのと偉そうに言うなら、弾圧の伝統も甘んじて受けてみろ。

芸能人と芸術家

自分の作品が理解されなかった時、どうするか?
「自分(スタッフ)が悪い」と思うのが芸能人。
「受け手が悪い」と思うのが芸術家。

僕は芸術家でありたい。

ネットとマスコミ

インターネットにオリジナルの情報など、どこにもない。
オリジナルなのはいつもマスコミ発の情報だ。
ネットユーザーは、それを盗んできて、コピーして、寝転がって論評しているだけだ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »