杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

大相撲と歌舞伎

大相撲や歌舞伎を見ていて思うこと――伝統だの文化だのと言っている連中の周囲には、必ずヤクザが蠢いている。

新連載「置き去りの日本」が始まりました

今日、発売された『怪』(角川書店)で、僕の新連載「置き去りの日本」が始まりました。

日本の、すでに忘れれ去られた人や物を追う内容です。
第一回目は「夜這い村に忍び込む」。
徳島の山奥に、つい最近まで夜這いが行われていた村があり、そこで夜這いの経験者に話を聞いてきました。
日本の隠されたセクシュアリティが浮き彫りになった内容になっています。
ぜひご覧ください。

好き嫌い

嫌いなものは、好きなもの。

不真面目

芸術家にとって絶対に必要な資質は、無責任さと不真面目さだろう。

絶対

この世には、「絶対」というものは絶対にない。

タブー

人権意識のある者は、文壇から去れ。
タブーに挑む気概のない者は、口を閉ざせ。

犯罪と芸術

犯罪を積極的に賛美し、肯定することこそ、芸術家に残された最後の責務である。

発言のハードル

出版→ウェブサイト→ブログ→ツイッターと、人間の発言のハードルは、どんどん低くなっている。
それがいいことなのか?
そうは思わない。
それは、ツィッターが、いかに下らない言葉の垂れ流しになっているかを見ればわかる。

表現には、ある程度のハードルや乗り越えがたい壁があったほうが、品質が保証されるのである。

差別用語

シナという言葉は、本来差別用語ではない。
しかし、いまどきシナという言葉を使う者は、間違いなく中国人を差別している。

無責任

芸術家に最も必要な資質は、無責任さだ。

政治的発言

自分に都合の悪い発言のことを「政治的発言」という。

見世物小屋

僕が昨日見た見世物小屋は、まさにロウソクが消える直前の最後の輝きだった。
犬に子供騙しの芸をさせたり、単なるニシキヘビをみんなに見せびらかしたり……。
障害者を使った芸が、もはやできなくなってしまったからだ。

差別と区別

差別主義者が「区別」と言うとき、それは「差別」である。

暇な人

最近、見世物小屋やテキヤについて調べているが、どんな分野にも専門家や学者がいることに感心している。

学者(scholar)とはラテン語で「暇な人」という意味だが、本当に世の中には暇な人間がいるものだ。

見世物小屋と障害者

見世物小屋には身体障害者が多かったという。
福祉の発達した現代において、見世物小屋が衰退していくのは当然のことかもしれない。
かつては、障害者は、小屋にしがみつくしか生きるすべがなかったのだ。

障害者に代わって、現代において見世物になっているのが、お笑い芸人である。
彼らは愚かなそぶりをして、観客の笑いを誘う。
これは、かつて知的障害者が笑いものにされていたのと似ている。

衒学

いっそ、学者が本を書くのを法律で禁止したらどうか。
それほど彼らの書く物は退屈で、仰々しいだけの張りぼてである。

僕は、衒学的な気どりが嫌いなのだ。
ひと昔前の学者が多用する、「装置」「空間」「時代と切り結ぶ」といった、使い古されたアカデミックな常套句が。

エル・トポ

「エルトポ」を見に行ったが、さっぱりわからず。
カルト映画の最高峰と言われるほど、異常な映画にも見えなかった。
訳のわからない映画なら、「アンダルシアの犬」のほうがもっと訳がわからず、もっといい。

魔術師

学者は、まるで魔術師だ。
どんな面白い素材でも、学者の指が触れたとたん、つまらない物に変質してしまう。

学者

どんなに面白いものでも、学者が研究し始めたとたん、面白くなくなってしまうのはなぜだろう。

愛は、洗脳だ。

不気味なバンド

すごい不気味なバンドを町で見た。
若い男が東海林太郎みたいな丸目がねをかけ、直立不動で戦前風の歌謡曲を歌っているのだ。
編成は、アコーデオン、ウッドベース、バンジョー。
こんなバンドが現代に現れるとは。

愛国者

「愛国者」という言葉を、いままで十回以上使ったことのある人間は、たぶん詐欺師だろう。

インターネットと差別

不思議なのは、インターネットは世界と繋がっているにも関わらず、そのユーザーはまったくインターナショナルではなく、排他的で、人種差別的なことだ。

知識

知識とは、感性を失った者の最後の逃げ場である。

欠点

彼の言うことは、いつも正しく、筋が通っている。
それが、彼の最大の欠点だ。

オタク

オタクとは、「飽きる」という感性が磨滅してしまった人間のことである。

Twitter

Twitterとは、人間はどれだけ下らない文章を書き殴られるかを試す道具である。

真実

「拡散希望」と書いている情報は、たいていはデマである。
真実は、放っておいても広まっていくものだからだ。

誠実な芸術家

芸術家は、自分の霊感に対して誠実であるべきであり、受け手の反応には不誠実であるべきである。

誠実な物書き

読者の意見を取り入れ、書く物を修正する物書きは、不誠実である。

誠実な物書きは、読者の意見などまったく無視し、ただ自分の霊感の赴くがままに語り続けるものだ。

物書きは、ただ自分に対してだけ誠実であればよい。

ネットと人生

ネットの強者は、人生の弱者。

「お化け大学」特別講座に出演しました

11/3(水)お化け大学特別講座in神保町「奇祭・妖怪フィールドワークのすすめ」に出演しました。
共演は、村上健司さん、『怪』編集長の郡司聡さん、そして最後に、サプライズゲストとして、京極夏彦さんが登場しました。

ほぼ会場は満員で、ユーストリーム、ニコニコ動画でも配信されましたが、ニコニコでは12000人が見てくださったようです。
当日、会場で販売していた拙著『奇妙な祭り』は完売しました。 
終わった後、出演者とスタッフのみなさんで、近くの民家で開店しているビストロで乾杯しました。

見た下さった方、ありがとうございました!

11/3(水)「奇祭・妖怪フィールドワークのすすめ」に出演します

11/3(水)お化け大学特別講座in神保町「奇祭・妖怪フィールドワークのすすめ」に、村上健司氏とともに出演します。ぜひお越しください!

詳細はこちらです。

きたる11/3(水)、お化け大学校特別講座in神保町「奇祭・妖怪フィールドワークのすすめ」(仮題)の開催が決定しました!
日本全国の妖怪スポットを訪ね歩いている妖怪探訪家の村上健司氏と、日本全国の奇祭を訪ね歩いている杉岡幸徳氏のコラボによるトークイベントです。フィールドワークのポイントや全国の妖怪・奇祭スポットの楽しみ方、体験談に加え、ウラ話なども聞けるかも?

お化け大学校の学生特典として、優先予約を受け付けます!
入場料も通常1500円のところを1300円と、化け大生割引もあり!
もちろん単位ポイントもゲットできます。

学生諸君は奮って参加しよう!


【講師】 村上健司(妖怪探訪家)+杉岡幸徳(奇祭・珍祭探訪家)+シークレット・ゲスト?
【日程】 11月3日(水) 
【時間】 15:00開場 (15:15一般来場者入場開始) 15:30開演 17:00終演
【会場】 東京古書会館 地下ホール(千代田区神田小川町3-22)
【入場料】 1500円(お化け大学校学生は1300円)
【先行予約〆切】 10月18日(月)

※一般来場の方は、満席の場合入場をお断りすることがありますので御容赦ください。
※開演の15分前(15:15)から一般来場の方にも座席を開放いたします。遅れてのご来場となりますと、満席の場合は立ち見となる可能性もございますので、ご予約の化け大生は15:15までにお越しください。
※座席は自由席となります
※応募受付は10/18(月)15:00まで。当選者には、10/20(水)に当選メールを送付予定です。 この日までにメールが無かった場合、落選となります、ご了承ください。

<予約方法>
予約は、携帯電話、パソコンどちらからでも可能です。
携帯サイトの場合は、「お化け大学校」携帯サイトのトピックスより、パソコンの場合は、「化け大倶楽部」にログイン後、左側にある「在校生ログイン」ボタンをクリックしてログインした学生証ページより予約ができます。

電子書籍の流行

電子書籍の流行とともに、中抜きの時代が来る。

編集者がいなければまともな文章が書けないライターは、没落していくだろう――つまり、かなりの割合のライターだ。

北方領土

「北方領土を返せ~!」と日本語でシュプレヒコールを上げている人々がいるが、ロシア人って日本語がわかるのだろうか。

金持ち喧嘩せず

金持ちだから喧嘩しないのか、喧嘩しないから金持ちなのか、どちらだろう。

女の責任

女は、なんでも男の責任にする。

しかし、女をそうさせてしまったのも、やはり男の責任である。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »