杉岡幸徳の著作

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 電気書籍を成功させるために | トップページ | 薔薇 »

絶版本

著者にとって、どちらがいいだろうか。
自分の絶版になった本が、電子書籍になって甦り、誰でも気軽に読めるようになることと、
絶版になったまま神秘化・稀少化されていくことと。

ヴォルテールはいみじくも言っている。
「最近はダンテを読む人はいないから、ダンテの栄光は増すばかりだろう」

この世には、読まないほうが凄いと思われる書籍もあるのである。

« 電気書籍を成功させるために | トップページ | 薔薇 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/49863371

この記事へのトラックバック一覧です: 絶版本:

« 電気書籍を成功させるために | トップページ | 薔薇 »