杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

マスコミ批判2

マスコミを批判するのは、マスコミに出ている人間の特権である。

なぜなら、マスコミに出ない限り、マスコミ批判は影響力を持ちようがないからだ。

Twitterとスパム

Twitterにスパムのメッセージが大量に現れ、問題になっているらしい。

しかし、「ラーメンなう」とかのどうでもいい書きこみ(Twitterのほとんどを占める)は、スパムではないのだろうか?

現代の奴隷制度

僕らは、無償でインターネットに書き込む。

グーグルはそれを利用し、大儲けする。

Free

情報はどんどんフリーになるが、グーグルの社員の給料は、決してフリーにはならない。

なぜなのか?

マスコミ批判

マスコミを批判する人が、マスコミを超えたという話は聞いたことがない。

ITと若者

新しいIT技術が出てくるたび、やたらとそれを礼賛する連中がいるが、つくづく胡散臭いと思う。

高度成長時代に、公害などの問題に目をつぶりながら、ひたすら科学の進歩を褒め称えた人々がいたと言うが、それと同じ臭いを感じるのだ。

つまり、ITをやたらと称賛すること自体、年寄りくさく、時代遅れなのだ。
若者とは、意外と保守的で、現代の社会に懐疑を持っているものだ。


無目的にITを礼賛し続ける連中は、いずれ歴史に断罪されるだろう。

悩み

悩むことは偉大さの証である。

ブーム

ブームを追う者は、ブームに捨てられる。

正しい日本語

もし完全に正しい日本語で書かれた文章があったなら、それはとてつもなくつまらなく退屈な文章に違いない。

喜びは間違いから咲きいずる。

後悔

後悔は、人間の心と体を蝕む虫である。

オタクと女

オタクとは、自分以外のことに興味がありすぎる人間をいう。

女にオタクが少ないのは、女は自分以外のことにはまったく関心がないからである。

カバン

女性にとって、カバンはひとつの自我である。

言葉

言葉を現実に繋ぎ止めようとするな。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »