杉岡幸徳の著作

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「となりのマエストロ」に出演 | トップページ | 出社が楽しい経済学 »

「最高に面白い新書」の八位に選ばれました

『一個人』(KKベストセラーズ)の2010年1月号で、『世界奇食大全』(文春新書)が「カリスマ書店員が選ぶ、2009年の最高に面白い新書」の八位に選ばれました。

「カリスマ書店員」の方によると、珍グルメを扱いながらも、「なぜか食べたくなる」本だということです。
そんなに美味しそうに見えてくるのでしょうか。
これにより、もっと本が売れてくれるといいなあ。

『一個人』には、「2009年の最高に面白い新書」について、「今回選ばれたのは時代を語ったものではなく、むしろ普遍的な価値や教養を学べる本だ」と書かれています。

これこそまさに僕が狙っていることです。
僕はいつでも、その場限りの流行や思潮を追いかけるのではなく、五十年後、百年後でも読むに耐えうる物を書こうと思い、そしてそうしているつもりなのです。

« 「となりのマエストロ」に出演 | トップページ | 出社が楽しい経済学 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/46871756

この記事へのトラックバック一覧です: 「最高に面白い新書」の八位に選ばれました:

« 「となりのマエストロ」に出演 | トップページ | 出社が楽しい経済学 »