杉岡幸徳の著作

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 権威 | トップページ | クワスを飲む »

土用の丑の日には「うさぎ」を食べてもよい

土用の丑の日といえば、いつの間にか「うなぎ」を食べることが当たり前になっていますが、実は「う」のつくものなら何を食べていいんです。
別にウナギでなくてもいいんですよね。

「土用の丑の日にウナギを食べろ」と最初に言い始めたのは、平賀源内です。
あるうなぎ屋が、ウナギがまったく売れずに弱っていた。
そこに源内がやって来て、「土用の丑の日にはうなぎを食え」というコピーを書いて宣伝したのが始まり。
バレンタインデーにチョコレートを贈れとお菓子メーカーが女性を扇動し始めたのとまるっきり同じです。

本来は、夏バテに勝つために「う」のつくものを食べればいいわけで、梅干しでもウサギでもウミウシでもなんでもいいんです。
日本ではウナギよりウサギのほうがはるかに貴重で高いので、そのうち金持ち連中はこぞって、土用の丑の日にはウサギを追い回すようになるかもしれません。

おしゃれな業界人の間でも、「土用の丑の日にはなぜかウミウシを食べる」という習慣がはやるかもしれませんね。

« 権威 | トップページ | クワスを飲む »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

脱・常識」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/41957667

この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑の日には「うさぎ」を食べてもよい:

« 権威 | トップページ | クワスを飲む »