杉岡幸徳の著作

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ストックホルムの囚人 | トップページ | パンダにされた犬をめぐり大論争 »

ムーディ勝山は面白い

いや、最高です。ムーディ勝山さん。

彼は吉本の芸人で、インチキくさい髭を生やし、タキシードを着て、あまりにムードの溢れかえった服装で、意味不明な歌を歌う。
彼のオリジナルの「ムード歌謡曲」は、

「右から来たものを左へ受け流すの歌」
「数字の6に数字の5を足したの歌」
「2日前から後頭部に違和感がある男の歌」
「窓から虫が入ってくるのを気にしない女の歌」
「19時に始まり21時半に終わる披露宴の歌」

など、どれも感動的で、すばらしい歌ばかりである。

すでに有名だが、「右から来たものを左へ受け流すの歌」は次のような歌だ。


右から 右から何かがきてる
僕はそれを左に受け流す

いきなりやってきた
右からやってきた

ふいにやってきた 右からやってきた
僕はそれを左へ受け流す

右から 左へ受け流す
左から右へは、受け流さない

右から右から そう右からきたものを
僕は左に受け流す

もしも あなたにも
右からいきなりやってくることがあれば
この歌を思い出して そして左に受け流してほしい

右から来たものを左に受け流すの歌

……

ああ この東京砂漠


これを、「いったい何が右から来ているんだ?」「東京砂漠とは何だ?」と真剣に考える人は、おそらくこの歌のおもしろさはわからないだろう。


Yahoo知恵袋を見てみると、「ムーディ勝山はどこが面白いんですか」という質問がやたらと多い。つまり、彼のおもしろさがわからない人も、また多いのだ。
これは、彼の歌が「ナンセンス」だからだろう。何にでも意味を追い求める人、「すべての歌や本には何か言いたいことがある」と信じている人、つまり「真面目な人」は、彼のおもしろさがわからないだろう。
つまり、ナンセンスをナンセンスなままに楽しむことが必要なのだ。

「右から左」もすばらしいが、同じくすばらしいのが「数字の6に5を足したの歌 」だ。これはナンセンスの極みであり、傑作である。ムーディのすばらしいところは、こういう意味不明な歌を、真剣に、熱く歌うことだ。
そして、実は彼は歌がうまいし、声もいい。彼の芸を底辺で支えているのは、彼の歌の実力だろう。本当に歌の下手な人間がこの歌を歌っても、全然面白くないはずだ。

数字の 6に 5を足した

数字の 6に 5を足した

いきなり足してみた 数字の6に足した

不意に 5を足した ちょっと足してみた

僕は数字の6に 5を足した

数字の 6に 5を足した

電卓も使わず頭の中で暗算した

だから 今夜だけ 隣で眠らせて

そして数字の6に 5を足して

今夜 1度だけ 数字の6に数字の 7を足してしまいたい

けれどやっぱり 5やないとあかんねん

今夜も数字の6に 5を足すねん

数字の6に 数字の5を 足したの歌

あー 横浜ベイブルース

「いったい何が言いたいんだ?」
と聞かれても困る。おそらく、言いたいことなんてないんだから。

「薔薇の花に『なぜ』はない。薔薇の花は咲くから咲く」
というドイツの詩人の言葉があったが、本当に美しいもの、面白いものには初めから意味はないし、また、あってはならないのだ。

« ストックホルムの囚人 | トップページ | パンダにされた犬をめぐり大論争 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

ども、ご無沙汰しています♪新宿で犬鍋をご一緒させていただいた橋野です。ムーディーさん、僕もかなりマイブームなのでコメントしちゃいました♪その後お元気ですか?

お久しぶりです。また食べに行きましょう。
ムーディ勝山さん、すばらしいですねえ。今度はバックに豪華なオーケストラでもつけて歌ってほしいです。

はじめまして。ミクシィから飛んできました。
私も今、ムーディ勝山さんのトリコです。
「チャラチャッチャッチャラッチャ~♪」
が頭から離れません。

昔のシンガー板尾@ごっつええ感じを
思い出したりします。

また拝見しにきますので、どうぞよろしく
お願いします。

初めまして。
彼は声も歌もいいので、声優とか、そういう分野でも活躍できると思うんですが……。
この間テレビを見たら、女版のムーディ勝山のパクリというか、ギンギラギンのワンピースを着てシャンソンみたいなのをけだるく歌う女の芸人が出ていました。

初めまして、かなり遅レスです。

今までムーディー勝山の面白さが
さっぱり分かりませんでした。
むしろ不快感を感じるほどでしたが、
説明を読むとなるほどなと感じました。

ただ私には面白いとは思いませんが、
貴方の説明は納得せざるを得ません。
今後あれを見ても不快感を抱くことはなくなりました。

アリガトウ!

私も無意味なところに共感しているひとりです。
人生面白くないところに面白さをかんじるユーモア
何も感じなければそれですむものを如何にジョークとして
捉えるかが問題である。
最近娘がクラブの顧問のことを気にしていて
「受け流すことも人生においては大事なのよ」
という
だから・・・・
この歌の存在価値があるのではないか

議論になる話で大変面白いですね。
僕にとってのムーディーは良いも悪いもないが、どれくらい良いのかは計りたい。竹中直人さんの意味のないネタ「笑いながら怒る人」が面白いのと一緒で、コレに意味がないってすぐ見破れる人はいいんだけど、ちょっとでも、意味があるの?と疑う人にはつまらない、意味ないけど好き!って言い切れる人には面白いものだと思います。
分けの分からん抽象画をどう評価するか、と同じだと思います。だからどこまで抽象化されシンプルであるかが、良い悪いを計れる尺になると思います。それを考えると、
ムーディー<竹中直人
と言うことだけは僕の中でただしい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/15558599

この記事へのトラックバック一覧です: ムーディ勝山は面白い:

« ストックホルムの囚人 | トップページ | パンダにされた犬をめぐり大論争 »