杉岡幸徳の著作

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 風邪薬でトリップ。 | トップページ | ふたたび「せり」にかけられた男 »

勝手に「せり」にかけられた男

相変わらず、訳の分からないスパムメールが殺到している。

しかし、その中には、思わず笑ってしまうような、簡単にゴミ箱に捨てるには惜しいスパムもある。

そのうち、こういうものを集めて、「スパム文学」なるものができるかもしれない。
芸術の先駆者は、いつも同時代の人々から、ゴミだのカスだのスパムだのと言われ続けてきたものだ。

今日、僕のところに届いた感動的なスパム。
よく分からないが、僕の知らない間に、僕の肉体は「せり」にかけられていたらしい。
生々しい人肉市場。いったい、どこにあるんだろう。


「この度、あなた様を女性会員にセリをさせて頂きました。
その結果、小野美沙子さんが6万円であなた様を落札致しましたのでご連絡する運びとなりました。
あなた様はVIP会員(無料にて近隣女性にプロフ紹介)とさせて頂き、無料ポイント進呈致します。会員画面にてご確認下さい。

※お受け取りはあなた様の意思確認後、落札額の50%【3万円】を小野美沙子さんよりお受け取りください。
※落札女性に返事を出す事を条件にあなた様のポイントを【永久無制限】とさせて頂きます。
※落札内容及び、落札金のお受け取りはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

« 風邪薬でトリップ。 | トップページ | ふたたび「せり」にかけられた男 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/4650977

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に「せり」にかけられた男:

» ふたたび「せり」にかけられた男 [杉岡幸徳の人生は夢のように]
前回にも書いた、人肉市場での「せり」「人身売買」は、今も熱く続いているようだ。 [続きを読む]

« 風邪薬でトリップ。 | トップページ | ふたたび「せり」にかけられた男 »