杉岡幸徳の著作

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ゴッホと痴漢 | トップページ | アダルトビデオの会社からメールが…… »

日本トンデモ本大賞2005を見に行く

6月4日、千代田公会堂にて、と学会主催の「日本トンデモ本大賞2005」を見に行く。

去年出版された、最もトンデモない本を選ぶのだが、数冊のノミネートから、圧倒的な支持を得て選ばれたのが副島隆彦 氏の『人類の月面着陸はなかったろう論』(徳間書店)であった。

これは要するに、「アポロが月面に着陸したというのは嘘で、我々はNASAにだまされるのだ!」と叫んでいる、最近流行の歴史修正主義者の本である。
と学会会長の山本弘氏が壇上でノミネート本の概要をしゃべってくださるのだが、僕もこの本に投票した。狂気と情熱の深さが、他の本を圧倒していたからだ。

副島氏は、「もしアポロが本当に月に行っていたら、私は筆を折る!」と宣言しているらしい。
アポロのことはともかく、『人類の月面着陸はなかったろう論』というタイトルは、全然日本語になっていない。
それだけでも十分筆を折る資格はあると思うが、どうだろう。

« ゴッホと痴漢 | トップページ | アダルトビデオの会社からメールが…… »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/4429197

この記事へのトラックバック一覧です: 日本トンデモ本大賞2005を見に行く:

« ゴッホと痴漢 | トップページ | アダルトビデオの会社からメールが…… »