杉岡幸徳の著作

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 才能とは | トップページ | 談話室・滝沢でインタビューされる »

アフリカの黒い瞳~「伝統」とはどこからやって来たのか

20世紀初頭のある日、一人のフランスの文化人類学者が、アフリカの奥地に足を踏み入れた。

そこはまだ西洋人が一度も来訪したことがない秘境の地で、そこでこの青い目の学者は、現地人から疑われながらもしだいに理解され、歓迎され、ついにはしばらくそこで共に暮らすことになった。

ある夜、アフリカながらも夜は冷えるその奥地の村で、村人たちが焚き火を囲みながら談笑していると、ふいにそのフランス人がやって来て、ある歌を歌い始めた。
村人たちはぱたりとおしゃべりをやめ、じっとその歌に耳を傾け始めた。
フランス人がその歌を歌い終えると、現地人は感動して、口々に尋ねてきた。
「すばらしい歌だ。初めて聞いた。それはなんという歌なんだ?」

フランス人学者は、これはジプシーの民謡である「黒い瞳」という曲だと教え、ヨーロッパでは誰でも知っていて、愛されている歌だと説明した。

村人たちは、シンプルながらも哀愁に満ちたこの曲の、とりこになってしまった。
彼らはフランス人に、もう一度歌ってくれとせがみ、そしてついには、自分たちでも歌い始めた。
そして彼らは焚き火を囲み、この異国の名曲に酔いしれながら、歌いながら、一夜をすごしたのである。


出会いがあれば、別れもある。
フランス人学者は数ヵ月後、村人たちに惜しまれながら、村を去っていった。

だが、その10年後、今度はイギリスから別の文化人類学者が、この村を訪れた。
このイギリス人学者は熱心な男で、この村の伝統、風習、宗教、芸術表現などを積極的に集めていた。

ある夜、このイギリス人は村の長老を呼び、こう懇願した。
「あなた方の間で伝わる、伝統の音楽を聞かせてくれないか?」
長老は深くうなずき、おもむろに口を開いて歌い始めた。

イギリス人はそれにじっと耳を傾けていたのだが、そのうち顔色が変わり、疑惑の表情が浮かび始めた。
そしてついにはこう叫んで、長老の歌を制した。
「ちょっと待ってくれ!」
長老は歌うのをやめ、奇妙な目でイギリス人を見つめた。
「待ってくれ。私はその曲を知ってる。ジプシー民謡の『黒い瞳』だろう?ヨーロッパでは大ヒットしていて、我々はみんな知っている。そんな歌じゃなくて、あなた方の民族の間で、何百年も、何千年も伝わる歌が聞きたいんだ」

驚くのは村の長老のほうだった。彼はイギリス人の青い瞳をじっと見つめながら、こう言った。
「何を言ってるんだ。これこそ、我々の村に伝わる、何千年も前からある古い歌だ。私も子供のころからずっと歌ってきた。あなたは何か勘違いしてるんじゃないか?」

この騒ぎを聞きつけて集まって来た村人たちも、口々に、そうだ、これこそ我々の先祖の歌だ、何百年も前から歌ってきた、俺たちも子供のころから歌ってきたのだ、と言い始めた。

イギリス人は、狐につままれたような思いをした。
そして、ため息をついて夜空を仰いだ。
そこには、何千年も前から変わらぬ星たちが、残酷なまでに美しくまたたいていた。
その青い光が、異邦人の孤独な心を貫いた……。

* * * * * * *

この話は、完全に実話である。
今世紀初頭、アフリカの奥地で、このような事件が本当に起こっていたのである。
そしてこの話は、私たちが「伝統」と考えているものが、いかにもろく、いい加減なものであるかを、教えている。

さて、この話を読んで、あなたはこのアフリカの原住民たちを笑うだろうか?
「さすが野蛮人だな。おまけに無文字社会だろうから、伝承なんて口伝えしているうちに、簡単にねじ曲がってしまうのだろう。哀れな連中だ……」
と思うだろうか?

そうではない。
これとそっくりのことが、現代日本でも起こっているのである。
しかも、つい最近。
実は、あなたもこの「捏造された伝統」にだまされ、それを実行に移してしまったかも知れないのだ……。

(以下次号)

« 才能とは | トップページ | 談話室・滝沢でインタビューされる »

「文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44296/3281526

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカの黒い瞳~「伝統」とはどこからやって来たのか:

» 恵方巻の謎~「伝統」とはどこからやってきたのか2 [杉岡幸徳の人生は夢のように]
前回は、「アフリカの黒い瞳」というタイトルで、「伝統」と称するものが、いかにでた [続きを読む]

« 才能とは | トップページ | 談話室・滝沢でインタビューされる »